« 君たちに明日はない | トップページ | 王国の崩壊 »

2007.11.18

環境問題はなぜウソがまかり通るのか

51vk2bqmyjjl_aa240_1 環境問題はなぜウソがまかり通るのか 武田邦彦 洋泉社ペーパーバックス ¥1,000

 環境テロリストと自然科学研究と政治・利権を巡る状況をテーマとするクライトンの「恐怖の存在」を読んでから、環境問題には胡散臭さを感じるようになっておりましたが、手許に1ヶ月ほど放置されていた本書を本日一気に読みきりました。

  • PETボトルを巡る欺瞞。分別回収されているゴミの殆どが焼却されている現実。
  • ダイオキシンは別に猛毒でも何でもないし、太古の昔から自然界に存在していた。
  • 20~30年前の日本の水田ではベトナム戦争当時の枯葉剤作戦の7,8倍のダイオキシンに汚染されていた。でも、日本人は世界一の長寿。
  • 地球温暖化?氷河期より現代のほうが平均気温で5度も寒い。
  • チリ紙交換屋を失業に追い込んだ財官の結託。

 結局はカネ・利権が絡むとウソもホントっぽくまかりとおる現実。事実を報道せずセンセーショナルに煽るマスコミの罪深さ。続巻もでているようですが、Amazonの書評欄に興味深い後日談が披瀝されています。

|

« 君たちに明日はない | トップページ | 王国の崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境問題はなぜウソがまかり通るのか:

« 君たちに明日はない | トップページ | 王国の崩壊 »