« テロリストのパラソル | トップページ | 上杉謙信 »

2008.02.11

今月の文藝春秋 2008/3

Bungeishunju08031 今月の文藝春秋 2008/3 ¥780

いつものように、年金やらNHKやら、数行読んだだけで吐きそうになるようなテーマがてんこ盛りですが、今号で「さすが文春」と思わせたのは、次の記事。

「リングから見た日本人の品格」 A・ザ・ブッチャー

御歳とって67歳だそうですが、こんなの週刊プロレスや大スポじゃとても読めそうにないもんな。

芥川賞受賞の「乳と卵」。豊胸のパンフレットとかロボコンとかについて、小学生みたいな文体で延々と述べる。こういうのが評価されるんかなぁ。著者のCDが売れ始めたらしいけれど、新地でホステスしていた背景は弟の学資稼ぎだったとのこと。山田詠美、室井佑月系作家に整理されるのか。毎回、街頭作なし、として嘆きとボヤキが続く慎太郎さんの選評に今回ばかりは同意。

|

« テロリストのパラソル | トップページ | 上杉謙信 »

「ニュース」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/40092857

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の文藝春秋 2008/3:

« テロリストのパラソル | トップページ | 上杉謙信 »