« サブプライム問題の教訓 | トップページ | ガンダム人物列伝 »

2008.02.10

永遠平和のために/啓蒙とは何か

51fajr12gcl_aa240_1 永遠平和のために/啓蒙とは何か(他3編) カント (中山元訳) 光文社古典新訳文庫 ¥680

最近、カラマーゾフの兄弟などの新訳で有名になっている文庫の1冊。カントと言えば、とにかく難しいという印象が強く、私自身、若い頃に「純粋理性批判(もちろん日本語訳)」を読みかけて3分冊の1冊目で挫折してしまったトラウマを抱えておりました。そんな過去を抱えながら、なんでこの本を手に取ったかといえば、オビに「カントが普通の言葉で語り始めた。」なぞとウレシイコピーがあったからにほかなりません。

  1. 啓蒙とは何か-「啓蒙とは何か」という問いに答える
  2. 世界市民という視点からみた普遍史の理念
  3. 人類の歴史の憶測的な起源
  4. 万物の終焉
  5. 永遠平和のために-哲学的な草案

 けっして軽い読み物ではありませんが、「哲学」といった趣ではなく、とても読みやすい印象を持ちました。

|

« サブプライム問題の教訓 | トップページ | ガンダム人物列伝 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/40078760

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠平和のために/啓蒙とは何か:

« サブプライム問題の教訓 | トップページ | ガンダム人物列伝 »