« マックス・ウェーバー入門 | トップページ | 医者が病院から逃げ出すとき »

2008.03.30

はじめての課長の教科書

41jvvmkqvsl_bo2204203200_pisitbdp50 はじめての課長の教科書 酒井穣 Discover ¥1,575

今月初、Amazonで1位の売れ行きだそうで、他所でもずいぶんと評判の書。何かの経済雑誌で書評を読んだような気がしますが、ありそうでなかった類の本だそう。(ありそうな気もしますが。)

著者は在オランダ(!)の方ですが、内容は実にオーソドックスでありながら、所々に正論を退ける形で「ホンネ」が曝け出され、説得力を生んでいます。課長に焦点を当てているものの、課長に限らず「部下」を持つ全ての方にとって有用な書となっています。

課長が学んでおくべき

  • 8つのスキル
  • 3つのゲーム
  • 9つの問題解決
  • 8つのキャリア戦略

             ・・・・・別にこれらの数字自体に意味があるわけではないでしょう。

|

« マックス・ウェーバー入門 | トップページ | 医者が病院から逃げ出すとき »

コメント

私もちょうど今日、本書を発見したところでした!
今日は買わずですが、明日は買うかも。

投稿: Mizo | 2008.03.30 21:14

目新しいことが沢山載っているわけではありませんので、絶対オススメというわけではありませんが、良書だと思います。

まずは立ち読みして、お気に召したら。本の置き場が、お子さんの領域を侵犯しませぬよう。

投稿: 凡太郎 | 2008.03.30 22:24

はじめまして。ご紹介いただいた本書『はじめての課長の教科書』の著者です。まずは本書のお買い上げ、ありがとうございました。また良書とのコメントをありがとうございます。

目新しいことが無いというご指摘、厳しいですが、とても参考になります。次回作以降では、より新鮮な視点を出せるように頑張りたいと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。

投稿: 酒井穣 | 2008.03.31 13:49

著者直々に訪問とは驚きました!

投稿: Mizo | 2008.03.31 18:36

「目新しいものはない。」との表現の意図するところは、奇を衒った突飛なエピソードに頼っていないといった感想を持ったことを表するためのものでした。決して「新たな気づきがまるで無かった。」などということはありませんので念のため。また、地に足が着いたコンテンツばかりであったからこそ、「良書」との印象を受けた次第です。

時折あるものの、著者の方から直接にコメントがつくとは想定外であったこともあり、少々言葉足らずでありました。コメントを付されないまでも、著者の方が自著のことに触れたブログをご覧になることも多いのでしょうね。当然のことながら、自著への「生の声」って気になるでしょうからね。

投稿: 凡太郎 | 2008.04.06 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめての課長の教科書:

« マックス・ウェーバー入門 | トップページ | 医者が病院から逃げ出すとき »