« 道路問題を解く | トップページ | MATアロー2号とガミラス駆逐艦 »

2008.04.12

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

512atsq7hkl_sl500_aa240_1 アンドロイドは電気羊の夢を見るか? フィリップ・K・ディック ハヤカワ文庫 ¥672

ハリソンフォードがアンドロイド・バウンティ・ハンターを演じる「ブレードランナー」の原作です。「ブレードランナー」をはじめ、「マイノリティ・レポート」や「トータル・リコール」など原作の映画化作品は映像として目にすることは多かったものの、ディックの作品を小説そのものとして読んだのは初めてかもしれない。

ブレードランナーの映像のインパクトが強かったためか、本作品も脳内での映像化が容易で、リアル、生活感のあるものが浮かんできました。決して細々とディテールが書き連ねられているわけではなく、簡潔な描写であるにも拘らず-説明的でないだけにSFの素養が無いと少々とまどうかもしれませんが-、とても立体的なイメージが浮かんでくるのです。

ストーリーはサスペンス仕立てではありますが、「それはないやろ」的な展開いものの、疑心暗鬼な思いにさせる心理描写が続く箇所もありハラハラさせてももらえます。人間の住む社会にアンドロイドが紛れ込んでいる世界が舞台です。そして、人間の中でもノーマルと呼ばれる存在と最終戦争で遺伝子に影響を受けたのかノーマルと同様の存在と認知されないスペシャルと呼ばれる存在に二分され、巧妙な合成記憶のおかげで自身がアンドロイドであるとの自覚のないアンドロイドなど、さまざまな存在が登場します。大げさに言えば「生きる」ことの意味も考えさせられます。

|

« 道路問題を解く | トップページ | MATアロー2号とガミラス駆逐艦 »

「ペット」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/40856474

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロイドは電気羊の夢を見るか?:

« 道路問題を解く | トップページ | MATアロー2号とガミラス駆逐艦 »