« 水滸伝 3 | トップページ | それから »

2008.06.01

悩む力

31hyoylyf2bl_sl500_bo2204203200_pis 悩む力 姜尚中(カン サンジュン) 集英社新書 ¥714

朝まで生テレビ等の論客としてTVの露出度も高い東大大学院教授。低い声と落ち着いた口調で語るスタイルに説得力を感じている方も多いことであろうと思います。その姜氏の手になる始めての「生き方本」との触れ込み。

日本の知性の代表といった印象の強い姜氏ですが、30代に入るまでのモラトリアムと人間嫌い=そこには在日の方がしばしば抱えることとなるアイデンティティ探しが関わっていたとのことですが=に「悩んだ」ことが、今日につながっているとのこと。その「悩んだ」先輩として、夏目漱石とマックス・ウェーバーの2人を取り上げています。この2人を挙げているのは、この本を書くための素材として拾ってきたというものではなく、氏自身が生き方のお手本としてこれまで生きてきたことに裏付けられているとのことです。実は二人は同時代人であり、また、精神的にまいっていた時期も多く、早世(漱石は50歳、ウェーバーは56歳)した点も似ているのです。

スマートで見た目が若く見える姜氏も実は当年とって57歳とのこと、その同氏があっと驚く私的な故を披瀝してくれているところが、なんとも人間味があって救われる気になります。

|

« 水滸伝 3 | トップページ | それから »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/41395795

この記事へのトラックバック一覧です: 悩む力:

« 水滸伝 3 | トップページ | それから »