« M&A残酷物語 その時、あなたはどうする | トップページ | 地下鉄(メトロ)に乗って on TV »

2008.06.08

ジバク

51wayrqbtjl_sl500_aa240_1 ジバク 山田宗樹 幻冬舎 ¥1,680

「嫌われ松子の一生」の著者の手になる男性版にして現代版。「松子」の方が「転がり落ち方」が、地理的な移動距離もあったことから、激しかったのかもしれないが、同性、同時代性ゆえか、個人的にはこちらの方が感情移入はしやすく感じた。それゆえ、余計に空恐ろしくも感じることとなる。

 読み終えて初めてオープニングの一節の設定が理解できるのだが、生と死が対比される箇所が出てくることからであろうか、「生きていく」ことへの希望を細いながらも感じることができる。・・・とはいえ、基本はエンターテインメントなのでしょう。暗いし、悲惨な設定、展開ですがね。

<Amazonの紹介>

外資系投資会社のファンドマネージャー、麻生貴志は42歳。年収2千万を稼ぎ、美しい妻・志緒理と1億4千万のマンションを購入する予定を立てていた。自らを“人生の勝ち組”と自認する貴志は、郷里で行われた同窓会でかつて憧れた女性ミチルに再会する。ミチルに振られた苦い過去を持つ貴志は、「現在の自分の力を誇示したい」という思いだけから、彼女にインサイダー行為を持ちかける。大金を手にしたミチルを見て、鋭い快感に似た征服感を味わう貴志。だがそれが、地獄への第一歩だった……不倫、脅迫、解雇、離婚。 勝ち組から滑り落ちた男は、 未公開株詐欺に手を染め、 保険金目的で殺されかけ、 事故で片脚を切断される。 それでも、かすかな光が残っていた――。

|

« M&A残酷物語 その時、あなたはどうする | トップページ | 地下鉄(メトロ)に乗って on TV »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/41475233

この記事へのトラックバック一覧です: ジバク:

« M&A残酷物語 その時、あなたはどうする | トップページ | 地下鉄(メトロ)に乗って on TV »