« 崖の上のポニョ | トップページ | O型 自分の説明書 »

2008.08.03

黒笑小説

41hq5d6j2nl_sl500_aa240_1 黒笑小説  東野圭吾 集英社文庫 ¥580

 ブラックユーモア短編集。第3弾とのこと。

家内が買ってきたのを何気に読んだのですが、エロ(&グロ)ものもあり、ちょっと子供の目につくところからは避けたいところ。・・・ですが、途中でやめられません。電車の中でも「隣の人に覗きこまれたらバツが悪そう。」なんて感じながらものめりこんでしまいました。

往時の筒井康隆あるいはかんべむさしを彷彿とさせ、現代の日本に東野圭吾がいて良かったと感じさせてくれる1冊でした。それにしても、この作家、恐ろしいほどの引き出しをお持ちのようで。

|

« 崖の上のポニョ | トップページ | O型 自分の説明書 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/42054980

この記事へのトラックバック一覧です: 黒笑小説:

« 崖の上のポニョ | トップページ | O型 自分の説明書 »