« 1/144 BASIC スケールアヴィエーション9月号別冊 | トップページ | ハリーポッターと死の秘宝(下) »

2008.09.07

ハリーポッターと死の秘宝(上)

51gfk3jurll_sl500_aa240_1_2 ハリーポッターと死の秘宝(上) J.K.ローリング 静山社 ¥3,990(上下巻セット)

いよいよ最終話。長かった旅も終わりに近づいてきました。これまで多くの社会現象を巻き起こしたこのお話ですが、日本での第七巻発売時は意外に静かであったように感じます。上下あわせて1,100ページを超える大分なものですが、時間を忘れさせる引きずり込みパワーはこれまで以上かもしれません。

読んでいて少し戸惑うのは、前巻以前の挿話での登場人物がいきなり登場することがあること。「戦争と平和」までとはいかないまでも、累計登場人物数は相当なものでしょうし、俗称、通称などを持っている者もあり、混乱気味。しかも、魔法を使うもんで、場所が頻繁に切り替わる。さらに言えば、二段底、三段底のどんでん返しがあるので、読み飛ばし方も抑え気味にしなければ、たちまち筋書きさえ追えなくなる。・・・とはいえ、想定外のどんでん返しがあるからこそ、「う~ん」と唸れるのですが。

そんな贅沢な悩みもあと500ページあまりとなってしまいました。

|

« 1/144 BASIC スケールアヴィエーション9月号別冊 | トップページ | ハリーポッターと死の秘宝(下) »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ここに来て、いろいろな人物(or 物)がいろいろな役割を担っていたことが一気に明らかになると思います。
映画の公開の方が少し心配な状況・・・

投稿: Mizo | 2008.09.07 16:59

Mizoさん、こんばんは。

どうやら読了されたようですね。さきほど下巻も読み終えたところですが、ミステリーの最終章に似て「解説」が故人との対話という形で設けられているのは少々苦しいところです。なにはともあれお互いおつかれさまでした。

投稿: 凡太郎 | 2008.09.07 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/42405630

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッターと死の秘宝(上):

« 1/144 BASIC スケールアヴィエーション9月号別冊 | トップページ | ハリーポッターと死の秘宝(下) »