« 1973年のピンボール | トップページ | 面白いほどよくわかる般若心経 »

2008.11.16

第1感

41dpkmfsfkl_sl500_aa240_1 第1感 マルコム・グラッドウェル 光文社 ¥1,575

原題は"Blink"。副題は『「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい」。また、オビには勝間和代氏も大推薦!「人間の能力の広がりとその限界を、豊富な実例で教えてくれる一冊。仕事での直感が磨かれると共に、落とし穴も回避できるようになります」とも。

本書では、「適応性無意識」という概念が冒頭で披露されるが、必ずしも「直感」あるいは「直観」で全てを解決、説明できるとするものでもない。15分のビデオ解析、自室の観察、表情の徹底分析など、一見すると相当に限定された情報量でしかないと思われるケースにおいても、とことん要素を分解して解析すれば、驚異の確率で「サキヨミ」ができるといった事例の紹介もある。

  1. 「輪切りの力
  2. 無意識の扉の奥
  3. 見た目の罠
  4. 瞬時の判断力
  5. プロの勘と大衆の反応
  6. 心を読む力

|

« 1973年のピンボール | トップページ | 面白いほどよくわかる般若心経 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/43136512

この記事へのトラックバック一覧です: 第1感:

« 1973年のピンボール | トップページ | 面白いほどよくわかる般若心経 »