« ノルウェイの森(下) | トップページ | アフターダーク »

2008.11.25

国境の南、太陽の西

219e4cs2nvl_sl500_aa140_1 国境の南、太陽の西 村上春樹 講談社文庫 ¥540

小学生時代から36,7歳まで。一人称で語るハジメ君。

これまで読んだ村上春樹の小説の中では、もっとも感情移入しやすく、リアリティを感じ、また、切ないながらも心地よさを感じた。

少年時代から現在まで、自身の妄想の部分も含めて、重ねあわせやすい経験を見出したからだろうか。ストーリーの中での”仕事”が占めるウェイトが相対的に高く、ビジネスについても描かれているからか。・・・それとも(あからさまには)誰も死んでいないからだろうか。

皆気

|

« ノルウェイの森(下) | トップページ | アフターダーク »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/43226025

この記事へのトラックバック一覧です: 国境の南、太陽の西:

« ノルウェイの森(下) | トップページ | アフターダーク »