« わかる!使える!労働基準法 | トップページ | さあ、才能(じぶん)に目覚めよう »

2009.01.18

公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか

41hvvt5y4zl_sl500_aa240_1 公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか 北見昌朗 幻冬舎 ¥945

著者は人事・給与・賃金分野のコンサルタント。豊富な実データをもとに、人事院や自治体の人事委員会の欺瞞に満ちた”民間準拠”を粉砕していく。「官民格差」への義憤が大爆発。

名古屋市役所職員は給与、退職金ともに、(絶好調期の)同年代同学歴のトヨタ従業員のそれを上回っていた、など支離滅裂な現実が突きつけられます。

怒りと笑いとあきれの1時間をもたらしてくれる1冊です。

|

« わかる!使える!労働基準法 | トップページ | さあ、才能(じぶん)に目覚めよう »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ワークシェアリングはまず公務員から行ってもらいたいもんです。それも民間出身の方と仕事を分けて・・
どんな結果が出るんでしょうね。

投稿: とんぼ | 2009.01.19 20:31

皮相な見方をすれば、公務員は現時点でもワークシェアリングをしているといえるかもしれません。

投稿: 凡太郎 | 2009.01.25 22:59

なるほど・・ワークシェアリングしても給与は一人前ってことね。

投稿: とんぼ | 2009.01.26 22:40

自治体や部署によってギャップが激しいので一概には言えないのでしょうが、業務量がピークとなるタイミングを前提にした人員配置をすれば、普段は相当な余裕が生まれ、そうなれば業務時間中に新聞を読んだり、おしゃべりをする人が出てくる状況も当たり前になるんでしょう。結果的にワークシェアリング状態の出来上がり。

投稿: 凡太郎 | 2009.01.31 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/43774396

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか:

« わかる!使える!労働基準法 | トップページ | さあ、才能(じぶん)に目覚めよう »