« 公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか | トップページ | パンツァーグラフ!15号 »

2009.01.18

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

51a7zkpw20l_sl500_aa240_1 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン 日本経済出版社 ¥1,680

ストレングス・ファインダーというインターネット上の仕組を利用して、100個以上の質問を通して34ある才能から5つを特定。これらの才能は、大人になってしまうと固定されてしまうため、トレーニングによる変化をもたらすことは不可能とのこと。弱点を無理して改善するよりも、これら5つの才能を伸ばすほうが有益というのが、本書の主張。

34の強みとは、「アレンジ」、「運命思考」、「回復志向」、「学習慾」、「活発性」、「共感性」など。

ちなみにワタシ自身の5つの強みは、「収集心」、「自我」、「原点思考」、「内省」、「目標志向」でした。

|

« 公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか | トップページ | パンツァーグラフ!15号 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/43774449

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、才能(じぶん)に目覚めよう:

« 公務員の給与はなぜ民間より4割高いのか | トップページ | パンツァーグラフ!15号 »