« 橋下「大阪改革」の正体 | トップページ | ahead フリーペーパー »

2009.02.19

週刊新潮 2月26日号

200902191 週刊新潮 2月26日号

「朝日新聞阪神支局襲撃犯の告白」はこの5回目にして最終回。前回よりもずんと順位を落として幕引き。

失笑したのは「モンドセレクションは昨年1,400商品、応募の8割が受賞している」。おまけに出品のおよそ半数が日本からとのこと。出品料約13万円。モンドセレクションに罪があるというよりも、日本の消費者がその意義を勝手に誤解しているというところか。モンドセレクションといえば、壮年以上の方にとっては、日清製菓のバターココナツの代名詞といったところであろう。このバターココナツには病みつきになる魅力がたしかにあった。

|

« 橋下「大阪改革」の正体 | トップページ | ahead フリーペーパー »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>モンドセレクションといえば、壮年以上の方にとっては、日清製菓のバターココナツの代名詞

いやぁ、痛いところを突かれました。
あれっ、私って壮年??

投稿: Mizo | 2009.02.20 21:56

Mizoさん

おっ、昭和系の香りを嗅ぎつけられましたか。あの頃は海外で受賞したってことだけで「ありがたや~」って感じでしたね。

投稿: 凡太郎 | 2009.02.20 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44115636

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊新潮 2月26日号:

« 橋下「大阪改革」の正体 | トップページ | ahead フリーペーパー »