« DVD ベクシル 2077日本鎖国 | トップページ | 建国記念の日に想う »

2009.02.11

DVD THE CORPORATION

41rq50780ql_sl500_aa240_1 DVD THE CORPORATION

米国の作品。マイケル・ムーア監督も出演。日本でいえばNHKスペシャルやETV特集のような印象だろうか。

”企業”が持つ根源的な病理をインタビューと現場取材を組み合わせて、章立てしながら進めていく。企業=社会悪といった左翼的な書きぶりなので、少々距離を置いて眺めないと無防備な、たとえば学生など、人は洗脳されてしまう危険も感じる。

興味深かったのは、WWII中の話。米国の巨大企業がナチスを支えていた事実。例えば、コカコーラはドイツから締め出されるのを回避すべくドイツ向けに開発したのが、実は「ファンタオレンジ」だったとのこと。もっともこれではナチスに加担したとは言い切れないが、ファンタオレンジで上がった所得とそれに係る納税を通じてナチス政権に貢献したことは否めまい。更には、IBMが収容所向けにパンチカードシステムをリースしていた事実。おまけに毎月保守点検に収容所を訪問していたとの徹底ぶり。コンピュータが発明されていなかった時代は、同社のパンチカードシステムが最新鋭の情報処理システムであったわけで、IBMはユダヤ人の効率的な処刑に大いに貢献していたのであろう。これはムーア監督のコメント。

|

« DVD ベクシル 2077日本鎖国 | トップページ | 建国記念の日に想う »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44029240

この記事へのトラックバック一覧です: DVD THE CORPORATION:

« DVD ベクシル 2077日本鎖国 | トップページ | 建国記念の日に想う »