« DVD ダーウィンの悪夢 | トップページ | 「お金持ち」100人の秘密の習慣 »

2009.02.15

NHKスペシャル 沸騰都市第7回 シンガポール

090215_a1 NHKスペシャル 沸騰都市第7回 シンガポール

第1回ドバイに始まりロンドン、ダッカ、イスタンブール、ヨハネスブルク、サンパウロそして今回のシンガポール。最終回が明晩の東京。

一人当たりGDPがシンガポールに抜かれたという報道が、意外なほどに日本で話題にならないことを日ごろから不思議に感じているのですが、円高やシンガポール経済の失速で今年は日本が逆転しそうな情勢のようです。しかしながら、シンガポールはかつての日本の目線をさらってしまったようで、中長期的な視点に立った人材獲得戦略をグローバル規模で展開している。日本の国立大学はちびりちびりと運営費交付金を漸減され、息苦しい環境で研究者は意気消沈。信賞必罰、結果が出なければ国外退去と言われても、シンガポール・ドリームを夢見る人も続々と出てくるのでしょう。

<NHKのURLより>

東京23区程度の面積に480万人が住む都市国家シンガポール。最新の統計では、一人あたりのGDPは3万5千ドルを超え、日本を抜いてアジアで最も豊かな国となった。日本以上に狭く資源もないこの国の急成長を支えているのは、独自の人材確保政策。政府は『向こう20年間に200万人の高度専門人材の移民を受け入れる』という大胆な方針を発表した。世界的な金融危機の影響を大きく受ける中でも、その方針は揺らいでいない。
現在は将来を見据え、バイオや環境などの研究開発分野で優秀な人材獲得に力を注いでいる。最新の研究施設バイオポリスには、クローン羊を生んだイギリスのコールマン博士や日本人の研究者が、破格の研究費と待遇で続々と集められている。一方で、この政策は冷徹な側面も併せ持つ。未熟練の外国人労働者は家族を呼びよせることはもちろん、永住を防ぐため住民との結婚も許されない。 
リー・シェンロン首相のもと強引とも言えるトップダウンで政策を実現してきた『シンガポール株式会社』のしたたかな戦略を描く。

|

« DVD ダーウィンの悪夢 | トップページ | 「お金持ち」100人の秘密の習慣 »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44075178

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 沸騰都市第7回 シンガポール:

« DVD ダーウィンの悪夢 | トップページ | 「お金持ち」100人の秘密の習慣 »