« わたしのグランパ | トップページ | 範馬刃牙(17) »

2009.02.07

白洲次郎と白洲正子展@大丸ミュージアム神戸

Top1 白洲次郎と白洲正子展  ―動乱の時代を美しく生きる―

大丸神戸店のミュージアムへ。最終日近くなので混んでいるかもしれないな、とは想像していたものの展示物の前へなかなか辿りつかないほどの混雑ぶり。そうそうのんびりもしていられなかったので、人ごみの後ろから覗き込むようにして進む。

自筆の書類、書簡や衣類。武相荘の洋室の再現(って現存しているのですが)に好物の料理見本の陳列。そして、あの時代にヴィトンやオシュコシュの大型スーツケース。

英国にはカントリー・ジェントルマンという言葉があるそうですが、田舎紳士といった蔑んだ意味合いではなく、田舎に本拠を構えてロンドンにはときどきやってくるのが本物の紳士だということらしい。武相荘に住んで東京のタウンハウスを拠点に仕事をこなす次郎さんの生き方そのものでもあったらしい。

帰り際に有名な「Play Fast」のTシャツと紺色の手提げを購入。

|

« わたしのグランパ | トップページ | 範馬刃牙(17) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/43989401

この記事へのトラックバック一覧です: 白洲次郎と白洲正子展@大丸ミュージアム神戸:

« わたしのグランパ | トップページ | 範馬刃牙(17) »