« エンガッツィオ司令塔 | トップページ | 週刊新潮 2月12日号 »

2009.02.09

恐怖

41bq26w49pl_bo2204203200_pisitbstic 恐怖 筒井康隆 文春文庫 ¥470

ミステリー。ミステリーとサスペンスの違いをwikpediaでみてみたけれど、この作品に関しては筋運びはミステリーということだろうが、主人公の心理を捉えれば題名通りにサスペンスってことにもなるのだろう。

滑稽なばかりに「恐怖」を感じる主人公。この小説に鑑みるに、自分自身も含めていい歳をした日本人がいかにひ弱になってしまったかを思い知らされる。もっともこの作品では日本人全体というよりも地方都市における文化人という人種を槍玉に挙げているようですが。

この作品でここ一週間のうちに筒井作品を5冊読んだことになる。中学生時代もこんな浸り方であったように想う。いや、もっと激しかったようにも想うが、年をとってしまってよく思い出せない。

|

« エンガッツィオ司令塔 | トップページ | 週刊新潮 2月12日号 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44003261

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖:

« エンガッツィオ司令塔 | トップページ | 週刊新潮 2月12日号 »