« ヘル | トップページ | 白洲次郎と白洲正子展@大丸ミュージアム神戸 »

2009.02.07

わたしのグランパ

51pkshpr9hl_bo2204203200_pisitbstic わたしのグランパ 筒井康隆 文春文庫 ¥440

珠子が父の日記に見つけた「父は囹圄の人である。」との記述。「囹圄」って?ジュヴナイル小説にしては難解な漢字から始まるこの物語。治安の乱れた時代の型破りな痛快ジジイの逸話集。

<Amazonより>

中学生の珠子の前に、ある日、突然現れたグランパ(祖父)はなんと刑務所帰りだった。だが、侠気あふれるグランパは、町の人からは慕われ、珠子や家族をめぐる問題を次々と解決していく。そしてグランパの秘密を知った珠子に大事件が襲いかかる。「時をかける少女」以来、待望のジュブナイル。読売文学賞受賞作。

|

« ヘル | トップページ | 白洲次郎と白洲正子展@大丸ミュージアム神戸 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/43982650

この記事へのトラックバック一覧です: わたしのグランパ:

« ヘル | トップページ | 白洲次郎と白洲正子展@大丸ミュージアム神戸 »