« 模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界 | トップページ | 予見された経済危機 »

2009.03.22

レンブラント 週刊西洋絵画の巨匠 第8号

Renbrant レンブラント 週刊西洋絵画の巨匠 第8号

光と陰の魔術師。谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」に代表される日本人的な感性に通ずるところがあるのか、レンブラントも日本で人気のある作家なのでしょう。シリーズの初頭にラインアップされています。

緻密な作風で知られるレンブラントですが、中には写真と見まごうばかりの偏執狂的なものも。嘆息。

|

« 模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界 | トップページ | 予見された経済危機 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンブラント 週刊西洋絵画の巨匠 第8号:

« 模型鉄道でよみがえる昭和の鉄道と暮らし―エコーモデル・その世界 | トップページ | 予見された経済危機 »