« 週刊世界百不思議 創刊号 | トップページ | DVD リアル鬼ごっこ »

2009.03.01

DVD シッコ

51n4mi2nuil_sl500_aa240_1 DVD シッコ

マイケルムーア監督作品。「社会主義的な医療制度」という亡霊に取り憑かれたアメリカ人は、公的な医療保険制度を蛇蝎のごとく嫌う。それが何を意味しているのかすら理解しないまま。

悲惨な米国の現実を取材した後、監督はキューバ、カナダ、イギリス、フランスへ。自らが道化役に扮しての直撃取材。

<Amazonより>

突撃取材で知られるマイケル・ムーア監督が、米国の医療問題にザックリとメスを入れた衝撃のドキュメンタリー。
 国民健康保険が存在しない米国では、民間の保険に加入することがベストだと思われているが、実際は保険会社は利益重視で、いざ保険金となると、過去の病歴をあげ、手術を実験的だと判断し…と、できるだけ保険金がおりないように画策する。そして何人もの人間が命を落としていく。入院費用が支払えないからと病院を道に捨てることもある!と、驚くような米国の医療問題を悪質な医療制度の被害者の取材から、ムーアは切り込んでいく。
 政治家と保険会社の癒着、ニクソン時代に遡った医療制度の問題点などを赤裸々に映像で語り倒し、そしてフランスやイギリス、キューバなどの充実した医療制度を比較する。ムーアの視点はあまりにも一方的な危なさはあるが、見て見ぬふりをしてきた問題を掲げる勇気は立派だ。ただ医療制度を変えることができないのはなぜか、政治家と保険会社の癒着だけが問題なのか、疑問点は残る。マシンガントークのような映像とナレーション、そのわかりやすい演出に圧倒され、まるごと信じてしまいそうになるが、見ている方にも冷静さは必要かもしれない。とはいえ、わが国と比べたり、調べたり、もっと知りたいという意欲にがる、いろいろ考えさせられる映画であることは確かだ。(斎藤香)

|

« 週刊世界百不思議 創刊号 | トップページ | DVD リアル鬼ごっこ »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44215598

この記事へのトラックバック一覧です: DVD シッコ:

« 週刊世界百不思議 創刊号 | トップページ | DVD リアル鬼ごっこ »