« シャガール 週刊西洋絵画の巨匠 第6号 | トップページ | 男道 »

2009.03.08

NHK ドラマスペシャル 白洲次郎 第2回

Story021 NHK ドラマスペシャル 白洲次郎  第2回

第2回目は武相荘での農作業シーンから始まった。タイトルは「1945年のクリスマス」。白洲次郎のことを少しでも知っている向きなら、すぐにピンとくるエピソードに結びつくだろう日である。一方、赤紙が届いた折、辰巳栄一に頼んで召集令状を握りつぶしてもらった所作。今回のドラマは単なる礼賛ではないつくりだと何かで読んだ気がしたが、最終回となる第3回のタイトルが「ラスプーチンの涙」とはタイトルひとつをとっても随分と毀誉褒貶な趣を感じる。

WBC東京ラウンドの剣が峰である韓国戦が朝日放送で放映されていたので、わが家のTVの新機能である2画面表示で対処。野球中継のやたらに明るい背景に比して、戦時中のシーンは特に暗めに感じた。これも映像美の重視か。

次回は8月放映ということで、ずいぶんと間が空く。

|

« シャガール 週刊西洋絵画の巨匠 第6号 | トップページ | 男道 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44285773

この記事へのトラックバック一覧です: NHK ドラマスペシャル 白洲次郎 第2回:

« シャガール 週刊西洋絵画の巨匠 第6号 | トップページ | 男道 »