« NHK ドラマスペシャル 白洲次郎 第2回 | トップページ | DVD 陰日向に咲く »

2009.03.08

男道

51h7oycb2nl_sl500_aa240_1 男道 清原和博 幻冬舎 ¥1,470

清原の現役時代、いちどだけナマで見かけたことがある。西武時代、まだホークスがダイエーだった頃の福岡ドームでのダイエーvs西武戦。恐らく清原がまだ20代のころだったろうが、バッターボックスに向かう態度が随分とふてぶてしく感じたものだった。今にして思えば、ガニマタ気味に歩いていただけなのかもしれないが。

派手な遊び人。ガラが悪そう。松井を巨人から追い出した。等々、話題には事欠かない大物だったが、意外に世間知らずの”ええ奴”だという印象をもたらしてくれ、一方で”紳士たれ”とのたまう球界の盟主の陰湿な舞台裏も垣間見える。

なにはともあれ、途中でやめられなくなる一冊であり、清原への視線が変わる一冊でもあった。

|

« NHK ドラマスペシャル 白洲次郎 第2回 | トップページ | DVD 陰日向に咲く »

「スポーツ」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

三ノ宮で働いている時(飲食)に、清原さんが何度か来店されました。
オリックスの若手と一緒に、何方かの誕生日祝いだったそうです。
自分は肩の慢性脱臼癖がある事を話したところ、「俺と一緒に頑張ろう!」と励まして頂き、凄く嬉しかったです。
今は脱臼のリハビリで離職中ですが、彼の言葉を思い出し、挫けずにリハビリに励んでおります。

投稿: ザッティー | 2009.03.13 00:03

ザッティーさん、こんにちは。

清原さんは才能に恵まれながら、一方でケガ、故障に悩まされ続けた選手生活でしたね。それだけに、天才の気持ちだけでなく、苦労している人の悩みもよくわかるんではないでしょうか。

脱臼ではありませんが、ヒザの手術後の壮絶なリハビリの模様がこの本に記されていましたよ。

投稿: 凡太郎 | 2009.03.14 14:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44286267

この記事へのトラックバック一覧です: 男道:

« NHK ドラマスペシャル 白洲次郎 第2回 | トップページ | DVD 陰日向に咲く »