« 独学という道もある | トップページ | カウンタック (1),(7) »

2009.04.05

NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回 アジアの一等国

090405_b1 NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回 アジアの一等国

親日的と呼ばれることの多い台湾における統治の実態を、年配者へのインタビューを主体に掘り起こしていた。台湾と言えば、新高山(ニイタカヤマ・・・かつての日本の最高峰。富士山より高かった。)、台南空、高砂義勇軍など戦時中のキーワードが想起されるが、まさに朝鮮半島と同じく、日本そのものの一部であった・・・というのは虚像に過ぎないという真実を当事者の口から訴えかけられたのは、誰でもないわれわれ日本人なのだ。

|

« 独学という道もある | トップページ | カウンタック (1),(7) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

この番組は偏向・捏造オンパレードの中国の
台湾併吞に向けたプロパガンダむき出しであった。

日本統治の闇ばかり報じ、光の部分が台湾で語り継がれているにもかかわらず一切報じない姿勢はNHKが情報戦争を仕掛けている中国のプロパガンダ組織に陥っているとみるべきである。

台湾は親日国家です。
まったく事実と異なります。

取材を受けた台湾人は親日的な本も出版しています。本来発言したかったことがカットされ憤激のようです。完全な偏向報道です。

この番組により
・NHKに破防法適用。
・スパイ防止法があれば逮捕者も複数
と国会議員も発言している。

是非売国放送局を潰してもらいたいものだ。

投稿: 中国の犬HK | 2009.04.18 11:08

第1回目は凄まじい偏向編集、シナリオ報道だったようですね。各所で糾弾されているようですが、私は今週号の「週刊新潮」の記事を目にしました。もっとも、「だまされやすく」、「反省しない」新潮編集部の記事ですから、あまり当てにはなりませんので参考情報といったところでしょうが。

編集権は編集者にあるというものの、公共放送には自ずと期待される倫理があるはずでしょう。ここは、2回目がどう出るか、楽しみに待つこととします。

投稿: 凡太郎 | 2009.04.18 18:50

先週末に台北へ旅行に行ってきましたが、台湾はすごく親日的と感じました。日本の業者が多数進出しており、夜市でも日本のものがたくさんありました。

夜市では、お好み焼き、たこ焼き、回転焼き、ドラ焼き、手巻き寿司を扱う出店を見ました。

台北市内では、モスバーガーはマックよりも多いような気がしましたし、ドラえもんはスヌーピーやミッキーマウスよりも子供に人気があるのでは。

語学学校は英語だけでなく、日本語を扱っているところをたくさん見かけました。

本屋では大前研一や勝間和代の本がポール・クルーグマンやオバマ本と一緒に並んでいましたし、現地の新聞はSMAPの草薙ぎや小室哲哉のニュースを日本のメディアと同じタイミングで報道していました。

欧米人が好む日本よりももっと大衆文化を好んでいるという印象を受けました。これ以上に親日的な国を探すのは難しいのでは?

投稿: 東洋旅行紀行 | 2009.04.30 22:41

東洋旅行紀行さん

最新の台湾大衆情報をありがとうございます。戦前の帝国統治と棄民、戦後の国民党支配という立て続けの被支配構造の下、その目的とするところはともかく、結果的に経済的支援、近代化の基盤を築いた帝国への郷愁が、国民感情の底流にあるのかもしれません。もちろん、戦後の民主日本の経済復興への憧れが様々な形で表れていることの方が大きいのでしょうが。まさに、台湾は近くて近い国ですね。

哈日族って若者もいるそうですしね。

昭和の日に沖縄における「昭和」への想いがNHKの特番で取り上げられていました。人にもよるとは思いますが、戦争と占領米軍への怒りはあっても思いのほか昭和天皇へは畏敬の想いが強いとのこと。沖縄は今はまごうことなき日本の一県ですが、江戸時代半ばまでは琉球王国であったわけで、徳川幕府と薩摩藩の思惑しだいでは、台湾と似たような推移を経たかもしれません。歴史の気まぐれとでもいうのでしょうか。

投稿: 凡太郎 | 2009.04.30 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44578271

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル シリーズJAPANデビュー 第1回 アジアの一等国:

» NHKシリーズJAPANデビュー「アジアの“一等国”」は偏向しているのか [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
 NHKが台湾統治について取り上げたシリーズJAPANデビュー第1回「アジアの“一等国”」に対して、偏向した番組だとの批判が相次いでいるようだが、加害国の市民が、加害状況について真摯に取り上げた番組に対して偏向しているなどと批判するのは、とてもおかしい。  1973年に厚生省が発表した統計によれば、1937年から1945年までに台湾総督府が徴用した軍属は126,750名、1942年から1945年までに従軍した軍人は80,433名の合計207,083名が日本軍に従軍し、その内15%にあたる30,30... [続きを読む]

受信: 2009.04.19 16:41

« 独学という道もある | トップページ | カウンタック (1),(7) »