« なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学 | トップページ | 日本奥地紀行 »

2009.04.12

多読術

31hpscsqkyl_sl500_aa240_1 多読術 松岡正剛 ちくまプリマー新書 ¥840

ネットを利用している本好きならこの方を知らぬ者はいるまい、というくらいに有名な松岡”千夜千冊”正剛氏の読書哲学。編集工学研究所長だけあって、氏は読書をまさに編集作業であると説く。好きなように読めと言っているようで、そうでもなく、もちろん堅苦しいものとして定義するものでもない。融通無碍というか、少々掴みどころがないというか。ただ、本そのものや本を巡る環境への慈しみは痛いほど伝わってくる。

<Amazonより>

内容紹介
読書の楽しみを知れば、自然と本はたくさん読めます。著者、松岡正剛の読書遍歴を振り返り、日頃の読書の方法を紹介しながら、達人による多読のコツを伝授します。「棚から選書する方法」「読書する場所」「最初に読むべき頁」等々、そのコツは多岐にわたります。本書を読んで、あなたに適した読書スタイルを再発見してみてください。

内容(「BOOK」データベースより)
読書の楽しみを知れば、自然と本はたくさん読めます。著者の読書遍歴を振り返り、日頃の読書の方法を紹介。本書を読めば自分に適した読書スタイルがきっと見つかります。読書の達人による多読のコツを伝授。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
松岡 正剛
1944年、京都府生まれ。編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。科学から芸術におよぶ多様なジャンルに取り組み、その研究成果を著作・映像等として発表。独自の視点による情報文化論、日本文化論に定評がある。インターネット上で壮大なブックナビゲーション「千夜千冊」を展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

|

« なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学 | トップページ | 日本奥地紀行 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/44649887

この記事へのトラックバック一覧です: 多読術:

« なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学 | トップページ | 日本奥地紀行 »