« 「ろうがんず」@文藝春秋 2009/7 | トップページ | NHKスペシャル マネー資本主義 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか »

2009.06.14

劒岳 <点の記>

51j2btvf2bt2bl_bo2204203200_pisitbs 劒岳 <点の記>  新田次郎 文春文庫 ¥720

6月20日(富山県ではすでに6月13日から先行)から公開される映画の原作。新田次郎といっても、いまや藤原正彦氏の父と表した方がとおりがよくなりつつありますが、正彦氏の奥様が今月号の文藝春秋で3人の息子さんたちとの彼の映画への出演記を寄せられていたのに目を留められた方も多かろう。

中学生時代、年に一度、映画鑑賞会があり、「八甲田山死の彷徨」、「聖職の碑」と2年連続で新田映画を鑑賞することとなりました。後日、当時の担任に教えてもらったのですが、いずれかの年には「ヤマト」が対抗馬として挙がっていたとのこと。

明治40年に陸軍の測量部が剣岳周辺の地図を作成するために、剣岳への初登頂を目指す物語。信仰の対象として、あるいは死の山、針の山として人跡未踏の「登れない山」、「登ってはならない山」とされた剣岳。登山の近代化を目指して設立された「山岳会」との静かな初登頂競争。そもそも歴史的にみて初登頂なのかどうか。そのような思惑とは全く違う場所での県の役人との確執。「坂の上の雲」の時代の男たちの心意気、責任感は、とても現代の私たちと同じ日本人とは思えぬほど崇高なものであったのでしょう。

|

« 「ろうがんず」@文藝春秋 2009/7 | トップページ | NHKスペシャル マネー資本主義 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/45340936

この記事へのトラックバック一覧です: 劒岳 <点の記>:

» 「剣岳・点の記」を観ました! [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
―国民の生活を陰で支える人たちに感謝!― 亀さんは、土曜日公開された映画「剣岳・点の記」を見に行きました。2週連続の映画です。この映画の撮影については、国土交通省国土地理院の友人からかなり前に聞いており、是非観ようと思っていましたので、公開当日に行くことにしていたのです。 この映画は、日本地図の空白を埋めるために、測量手・柴崎芳太郎たちが命がけで剣岳に登頂し、三角点の設置に挑んだ実話に基づいたもの... [続きを読む]

受信: 2009.06.21 23:31

« 「ろうがんず」@文藝春秋 2009/7 | トップページ | NHKスペシャル マネー資本主義 第3回 年金マネーの“熱狂”はなぜ起きたのか »