« NHK プロフェッショナル 「”ばかもの”がうねりを起こす」 公務員・木村俊昭 | トップページ | 境界性パーソナリティ障害 »

2009.06.07

映画 ハゲタカ

Hagetaka 映画 ハゲタカ

真山仁さんの「レッドゾーン」を原作としつつ、ここ10か月ほどで起こった世界規模での急激な経済変化を織り込んだ展開。結局、原作からは設定以外の多くが変更されたよう。あまりにもスケールを大きくし過ぎた原作をより現実的な落ち着かせ方へ運んだように思う。

歴代のアカマGTのミニチュアや夕刊紙、雑誌など凝った小物が登場する。決して短い作品ではないし、途中で時計を見るようなこともなかったが、もう少し長くてもよかったのではないかとも感じた。上映時間が長い作品は回転率が低下するので興行面で嫌われるなどとはいわれますが。

アカマGT、初代は(Zがつかない頃の)フェアレディか(ホンダの方の)S8、2代目は初代のフェアレディZがベースと思われるが、はたして新型のベース車は?実車も作られていたが、アクセラ?などと想像してみたが、よくはわからなかった。

と、まぁ、いろんな楽しめ方ができるようで。鷲津ファンドの株券メモパッドも手に入りましたし。もちろん購入したものです。四百五十円也。

|

« NHK プロフェッショナル 「”ばかもの”がうねりを起こす」 公務員・木村俊昭 | トップページ | 境界性パーソナリティ障害 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/45267492

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ハゲタカ:

« NHK プロフェッショナル 「”ばかもの”がうねりを起こす」 公務員・木村俊昭 | トップページ | 境界性パーソナリティ障害 »