« 富を「引き寄せる」科学的法則 | トップページ | 「戦う組織」の作り方 »

2009.06.22

映画 劒岳 <点の記>

News011

劒岳 <点の記>

今朝、最寄りの劇場へ。やはりというべきか、年配者が多かったように感じる。

敢えて原作から離れる箇所もあったが、原作ではイメージしづらかった箇所も映像になると曖昧さが排除される。よきにつけ、悪しきにつけ、”キャメラマン”木村大作その人がそのまま作品となった形がこれなのであろう。映像美とともに小道具他の本物へのこだわりは徹底しているように感じた。このため興ざめシーンは全くなかった。

音楽。有名なクラシック(バッハもクラシックとみなして)のみで構成することが早々と決められていたとのことだが、同じ重厚なオーケストラによる音楽であっても「八甲田山」のようなオリジナル曲を用いなかったがゆえに日本的な旋律ではないところが特徴的であった。クライマックスでヘンデルの「サラバンド」が被されたが、これはイラク戦争を扱ったブライアン・デ・パルマの「リダクテッド」でも繰り返し使用されたテーマソングだけに、「荘重」というよりも「不条理」を連想してしまった。最近の問題作だけに関係者の間で、「かぶる」ことが取りざたされなかったとは思えないのだが。・・・サントラCDがついているバージョンのパンフレットを購入した。

中学生時代に見た「八甲田山」や「聖職の碑」に比して、若干の物足りなさを感じるのは、犠牲者が出なかったことによる衝撃度の低さにあるとすれば、私の感受性が鈍ってきたことの証左かもしれない。

N061

明治。それは多くの誇り高き日本人がいた時代だった。

|

« 富を「引き寄せる」科学的法則 | トップページ | 「戦う組織」の作り方 »

「心と体」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/45415956

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 劒岳 <点の記>:

» 劔岳 点の記 [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
劔岳 点の記 (2008)今回の映画は、「劔岳 点の記」です。本作「劔岳 点の記」は、明治時代を舞台に、未踏峰の劔岳山頂を目指す陸軍測量隊を描く人間ドラマです。監督は、撮影監督として知られる木村大作。陸軍参謀本部陸地測量部の測量手・柴崎芳太郎(浅野忠信)は... [続きを読む]

受信: 2009.06.23 01:17

« 富を「引き寄せる」科学的法則 | トップページ | 「戦う組織」の作り方 »