« NHK土曜ドラマ 「風に舞いあがるビニールシート」 第1回 | トップページ | 1Q84 BOOK2 »

2009.06.01

雇用の常識「本当に見えるウソ」

51yeazoosjl_sl500_aa240_1 雇用の常識「本当に見えるウソ」 海老原嗣生 プレジデント社 ¥1,600

著者は人気コミック「エンゼルバンク」主人公のモデル。同コミックの主人公が海老原"康"生なので、最初からバレバレの確信犯であったのでしょう。

語り口は穏やかなものの、識者、著名人の著書、TV報道番組での発言をメッタ切り。その多くは偏向報道による印象を数値で覆していく淡々としたものだが、中には適当な記述をばっさりとやられている方もおられる。

一方、誤字がやたら目立ち、「校正どうなってんの」と感じてしまうページも。

こういった本を読むと「一次情報」の重要性を改めて感じる。インパクトをことさらに追うあまり、冷静な報道ができていないマスメディアの劇場性、ニュースの娯楽化を十分にわきまえるべきであろう。長期的なトレンドを踏まえたデータに依らないロクでもないコメントを聞かされるくらいなら、ストレートニュースの方がはるかに価値を感じる。

本題から少し離れる部分もあるが、「終りに」、「あとがき」は特に噛みしめて読みたい。

|

« NHK土曜ドラマ 「風に舞いあがるビニールシート」 第1回 | トップページ | 1Q84 BOOK2 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/45197272

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用の常識「本当に見えるウソ」:

« NHK土曜ドラマ 「風に舞いあがるビニールシート」 第1回 | トップページ | 1Q84 BOOK2 »