« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.26

FINE MOLDS 1/35 五式中戦車 7/30発売

Fm28pake1_2 FINE MOLDS 1/35 五式中戦車

今月号のMODEL GRAPHIX の裏表紙にあった広告を見て、すでに発売されているのか、と慌ててしまったが今月末とのこと。震電と並び、日本人としての悲願。帝国版ケーニヒス・ティーガー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DS トモダチコレクション

Tomodachi DS トモダチコレクション

ホントはこんなことやってる場合じゃないんやけれどなぁ。ええ歳こいて、何やってんだか。激しい自己嫌悪と後悔の繰り返し。

でも、これがゲームの魅力(魔力?)なのじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

範馬刃牙 19

031309951 範馬刃牙 19   板垣恵介 秋田書店 ¥420

大げさな設定とストーリーにしばしおつきあい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.20

NHKスペシャル マネー資本主義 最終回 危機を繰り返さないために

Bnr_money1 NHKスペシャル マネー資本主義 最終回 危機を繰り返さないために

世界の識者へのインタビュー、地域での地道な事例を挙げながら、一般国民の典型(とおぼしき)としてのゲストをスタジオに招いての最終回。

・・・最後は、視聴者自身で考えてね、ということか。ここでもやっぱり自己責任ですかね。いや、ここは当事者意識に訴えていると受け止めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

週刊ダイヤモンド 「IFRS襲来」 7/18/2009

51mqw42lcwl_sl500_aa240_1 週刊ダイヤモンド 「IFRS襲来」 7/18/2009

現時点では既に先週号となってしまったが、この号の特集は秀逸。類書は多いがコンパクトかつインパクトを与える編集はさすが。保存版。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時代を築いた一台の車 アルト30年の旅 スズキスペシャル on 朝日放送

Img_logo1 時代を築いた一台の車 アルト30年の旅 スズキスペシャル on 朝日放送

BS朝日と静岡朝日放送制作。関西にエリアを持つ系列局の朝日放送にて、一日遅れで視聴。

今でこそ、「リーンな企業」などと国際的にも優良企業として名高いスズキだが、アルト開発の裏には、軽自動車市場の急激な縮小による企業存亡の危機があった。発売を1年延期した上での大ヒットが「47万円」の初代アルト。現在の軽自動車の隆盛からは想像もできないが、当時の軽自動車はマーケット指向がなく、ミスマッチ・グッズの典型であったようだ。

休日の昼下がり、とてもいい番組を得た。関テレのドキュメンタリー番組と被ったので録画して視聴。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

関西テレビ ザ・ドキュメント 「希望って、何?~不安社会を生きる若者たち~」

Cq50ge000000bgz41 関西テレビ ザ・ドキュメント 「希望って、何?~不安社会を生きる若者たち~」

海の日、午後4時前から約1時間。今春、大阪府下の定時制高校が例年にない人気で、大幅な定員オーバーとなった。経済格差が教育格差につながることは既に議論の余地さえない現実だが、例の橋下知事の「高校生は自己責任で」発言など、現代を生きる若者が受け止めるリアルが、静かな怒りとともに画面に投げつけられる。「わたしら、どないしたらええの?」との声が聞こえる。

こういった問題意識の高い作品がTV欄の大半を占めるような日は、いつになったらわが国に訪れるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第三帝国の興亡 1

51n2bbs0tk3l_sl500_aa240_1 第三帝国の興亡 1  ウィリアム・L・シャイラー 東京創元社 ¥2,415

およそ50年前に出版された大著の復刻。少し気になっていたところ、職場の後輩に勧められ購入。当時のドイツに臨場したリアル感とユダヤ人記者としての執念が、精緻さとボリュームをもたらしているが、歴史の常として情報の積み重ねによる事実が明らかにされるには時を待たねばならぬこともある。このため、現在の視点からは事実と異なるとの指摘が多くなされているという。

であっても本書の価値がいささかも色褪せるものではない。ページを繰るだけで読者を19世紀末から20世紀の初頭、1930年代へ一気にタイムトリップさせてくれる。まさに殺伐とした当時のドイツ、オーストリアの空気感を体験できる。

「ブラックスワン」の著者、ナシーム・ニコラス・タレブ氏が同書の中で本書を強く推していることもシンクロニシティを感じる。全5巻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.19

NHK ETV特集 日本は世界でどう生きるのか

Img0719_02s1 NHK ETV特集 日本は世界でどう生きるのか

副題は「プロジェクト・JAPANデビュー 国際アンケートを読みとく」。NHK特集のJAPANデビューに先駆けて世界51カ国で行った「日本をどう見ているのか」という視点からのアンケート結果の分析。いわば、「JAPANデビュー<外伝>」であり、「メイキング・オブJAPANデビュー」。

・・・とにかく日本って知られていない、ってことはよく伝わった。さらに言えば、80年代や90年代にしきりに行われたアンケート結果と大して変わりはないようにも感じられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 ハリーポッターと謎のプリンス

Sub1_large1 映画 ハリーポッターと謎のプリンス

あらすじだけを追えばただの暗い作品になってしまうだけに、努めて明るいサイドストーリーが盛り込まれている。その分、長時間になってしまうわけだが。予告編なども入れると、3時間近くなる。

なお、エンドロールは一応、最後までご覧になった方がよろしいかと。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

続・影響力の法則

41qztjpfhbl_bo2204203200_pisitbstic 続・影響力の法則 アラン・R・コーエン、デビッド・L・ブラッドフォード 税務経理協会 ¥1,890

副題に「ステークホルダーを動かす戦術」。小難しい表現や構成が振りかざされるが、日本的な人間関係に係る気配り、駆け引きをもっともらしく解説しているに過ぎない。

  1. 味方になると考える
  2. 目標を明確にする
  3. 相手の世界を理解する
  4. カレンシーを見つける
  5. 関係に配慮する
  6. 目的を見失わない

”カレンシー”なぞおしゃれな言い回しだが、なんてことはない”貸し借り”に過ぎない。・・・とはいえ、頷くことばかりであった。

・・・・・実は、「影響力の武器」の続編と勘違いして購入してしまったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKスペシャル マネー資本主義 第4回 ウォール街のモンスター”金融工学”はなぜ暴走したか

090719_b1 NHKスペシャル マネー資本主義 第4回 ウォール街のモンスター”金融工学”はなぜ暴走したか

デリバティブス、特にCDSとCDOに焦点を合わせた構成で、”ドクター破滅”ことルービニ教授も”ブラックスワン”ナシーム・ニコラス・タレブ氏も登場しない。ずいぶんと荒っぽい、単純化された構成のように感じた。一方、小難しい話を図解、殊に動画でイメージ化するセンスには、毎回ただ感心するばかりである。

番組の最後に巨大自然災害を対象としたデリバティブスの商品化が取り上げられていたが、発生予測の理論が確立していない地震を対象にすること事態、無茶がある。もっとも”よくわからない”からこそ、ネタばれせずに売り込み易い商品に仕立て上げることができると踏んでいるのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.07.18

DVD 崖の上のポニョ

51thlhg08hl_sl500_aa240_1 DVD 崖の上のポニョ

初回限定版。シールブックがおまけで付いてきました。「ポニョ、そうすけすき!」、「ハム、すき」。小さなからだに強烈なパワー。アラレちゃんを連想してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンフリー

Free                                         キリンフリー 350mlいわゆるノンアルコール・ビール(矛盾した表現)のあじわいですが、「完全版」ということで安心して飲めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは親を超えなさい!

512mxp49u8l_sl500_aa240_1 まずは親を超えなさい! 苫米地英人 フォレスト出版 ¥1,470

親を超えろ、といってもエディプスコンプレックスの克服本ではありません。ということで「海辺のカフカ」も出てきません。

実態はTPIEなる著者が中心になって新規開発した自己実現プログラムの有料パンフレット。でも、いいこと書いてあります。CDはついてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一瞬で相手をオトす洗脳術

51euf8rprol_sl500_aa240_1 一瞬で相手をオトす洗脳術 苫米地英人 マキノ出版 ¥1,365

この方の本、妙に引力があるんですね。例によって奇妙なCDつき。装丁は上品でおしゃれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図解で学ぶドラッカー入門

51jgel3tpfl_sl500_aa240_1 図解で学ぶドラッカー入門 藤屋伸二 日本能率協会マネジメントセンター ¥1,575

ドラッカーであれば、何度でも入門したくなるところ。この人ほど死が悼まれる賢人はあるまい。日本でのドラッカー第一人者といえば、上田惇生氏だが、著者のドラッカーへの傾倒も生半可なものではない模様。

すぐ読めます。ただ、示唆的、啓示的なドラッカーの著作を、ここまでストレートに示してしまうと、その含蓄、奥深さそして深い味わいが損なわれているようにも感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生保最強営業マンの実践コーチング塾

51spt1mstwl_sl500_aa240_1 生保最強営業マンの実践コーチング塾 細川馨 ¥1,365

2004年の初版と言えば少し旧聞といったところだが、著者の講演を体験しての購入。セゾン生命(現AIGエジソン生命)で体を張っての営業、組織づくりに邁進した体験と、藁にもすがりつく思いで身につけたコーチングとの格闘体験記。生々しい記録である。組織崩壊の瀬戸際で、コーチングに望みを託す著者の姿は、まさに笑顔を被った必死の形相だったことだろう。体系だったツールを持たない中堅規模の企業が、グローバルレベルの完全武装のライバル企業ひしめく業界において奮戦する無手勝流の企業経営のノンフィクションでもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西洋絵画の巨匠 24 ミレイ

Millais 西洋絵画の巨匠 24 ミレイ 小学館 ¥580

毎週火曜日に継続して購入しています。表紙、原寸美術館ともに「オフィーリア」。「崖の上のポニョ」の母親は、オフィーリアにインスパイアされたとのことだが、オフィーリアはこの数分後、この世の人ではなくなる設定。どのようにポニョの母親に結びついたのか。共通しているのは女性が背泳ぎ(?)しているだけのようにも思えるが。

天才。そして野心家。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.12

福寿 御影郷 300ml

18650551 福寿 御影郷 300ml

今、ちびちび呑んでます。写真とリンクは720ml。300mlは淡い水色の小瓶に入っています。やっぱ、清酒は純米でなきゃ、という派です。あてはイカの塩辛。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサヒ ザ・マスター

Master アサヒ ザ・マスター

今晩、夕食時に350mlを。色はふつうのビールより少し濃いめといった程度だが、コクのある味。地ビールにみられるあのテイスト。ピルス・タイプというらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンパクト冷蔵庫 ツインバード工業

Orc638_031 コンパクト冷蔵庫 ツインバード工業

念願かなって寝室用に購入(ちょっと大げさ)。500mlPETが4本ととても可愛らしい容量ですが、夜間の水分補給用には十分。二電源方式なので、ナツの遠出にも使えそう。色は青。

ケーズデンキで7千円台。併せて格安の扇風機を2台購入。わが家は1人1台制。+予備機1台。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大蔵海岸 海開き

Header1_2 大蔵海岸 海開き

昨日の7月11日に明石・大蔵海岸で海開きとなった。7月に入れば即海開きいう思い込みがあるためか、少し遅めな気もするが、気温、ナツへ向けての盛り上がり感を思えば、妥当な時期なんでしょう。

昨日の夕方遅くと今朝、昼前に向かった。ボードウォーク風の遊歩道にディレクターズ・チェアを置いて、読書と昼寝。おかげで手足、顔面が赤く腫れてイタイ。

今シーズンは何回楽しめるか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブラックスワン (下)

41wvozmtryl_bo2204203200_pisitbstic ブラックスワン(下) ナシーム・ニコラス・タレブ ダイヤモンド社 ¥1,890

下巻に入り、「べき乗」が顔を覗かせるものの、ますます哲学的に、かつ過激な表現が広がり、深まっていく。読んでいて面白いものの、そのぶっとび感には、ついていくのがやっと、といった印象。著者個人の思いの丈をぶっつけた、という渾身の一冊。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーチングの神様が教える「できる人」の法則

41hxoupb6rl_sl500_aa240_1 コーチングの神様が教える「できる人」の法則 マーシャル・ゴールドスミス 日本経済新聞出版社 ¥1,890

著者はエグゼクティブ・コーチングの世界の第一人者。最近でこそ、日本でも「コーチング」なる単語の認知が広まり、高まりを見せてきているが、「じゃぁ、説明してみてよ。」と言われるとしどろもどろ。というところから、ハウツーもののニーズが高まるわけですが、この本はさすがにちょいと異なります。著者の名を知らずとも、ジャック・ウェルチのエグゼクティブ・コーチであり、ドラッカーとも親しかったと言えば、その大物ぶりが想像できようと言うもの。

  1. 成功で厄介なこと。
  2. あなたをトップの座から遠ざける20の悪癖  ← 一度、お試しあれ。
  3. どうすればもっとよくなれるのか
  4. 「自分を変える」ときの注意すべきポイント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.05

エヴァンゲリヲン 新劇場版:破

108111 エヴァンゲリヲン 新劇場版:破

4コマ中の2コマ目。とことん救いが見つけられない物語だと感じる。これでもか、と観客の神経を逆撫でする。

惣流→式波。真希波・マリ・イラストリアス。イラストリアスと言うからには、日英とのハーフなのか。とはいえ、ラングレーを名乗りつつ、日独のハーフとの設定もある訳で何とも言えないのか。式波・アスカ・グラーフ・ツェッペリンでなければならぬ。

TV放映された”序”の最後に出てきた”破”の予告編にはしっかり新キャラが描かれていた。劇場で見た際に「?」と感じたことを思い出した。

小学生の頃、めずらしく父親が模型を仕事帰りに買ってきてくれたことがあった。特別な日でもなかったのだが、それがウォーターライン・シリーズの「イラストリアス」だった。日米の空母の造型しか知らなかった当時の私には、そのシンメトリーさと装甲甲板に驚いた記憶がある。装甲甲板といえば大鳳の専売特許と思っていただけに、蚊トンボ・ソードフィッシュの母艦の近代さが意外だった。100054671 こんな暗いパッケージアートだったのか。35年前の記憶なんていい加減なもんだ。アオシマ。

他の主要な女性キャラも空母由来のネーミングだが、他の艦種からの改造空母ばかりであるのに対し、イラストリアスは当初から空母として企図された正規空母だった。蒼龍も正規空母だったが、式波になった。敷波はあっても式波なんてない。また、巻波はあっても、真希波なんてない。ついでに言えば、赤城はあっても赤木はない。・・・こんな連想で楽しませてくれるのもこの作品の面白さのひとつでもある。

3つ目は「Q」。1Q84の影響?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこフェリー@明石海峡

Asasio1 たこフェリー@明石海峡

急に船に乗りたくなり、今朝、向かった。明石→岩屋→淡路島ミニドライブ→岩屋→明石→マリンピア(垂水のアウトレット)→再びフェリー乗り場(新浜で「漁師の丼」)。

ちょっとした散財でしたが、天候にも恵まれ潮風を浴びてのデッキでの20分×2は、とても気分の良いものでした。

明石海峡大橋の通行料が¥1,000となったことで、たこフェリーは大打撃。財務的には悲壮な状況なのでしょうが、楽しげな仕掛けが乗船前、乗船中のいたるところに散りばめられています。Asanagi1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漁師の丼@新浜

Don1 漁師の丼@新浜

本日、たこフェリー乗り場(明石)にて食す。¥1,100。ほかにタコの唐揚げも注文。美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラックスワン(上)

41ji0pc2bz6l_bo2204203200_pisitbsti ブラックスワン(上) ナシーム・ニコラス・タレブ ダイヤモンド社 ¥1,890

一昨年の全米ビジネス書のNo.1ベストセラー。グリーンスパンの自叙伝を抑えての快挙。皮肉にも1年後には別の意味で、グリーンスパンを抑え込むことにもなった。

経済書のつもりで読み始めたが、哲学書の類であり、また著者の思考実験過程の軌跡であることに気づく。ずいぶん毒舌、独断、そして偏見?

好き嫌いがはっきりする本のようにも感じるが、考えさせられることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1Q84 BOOK1

41wyr3la5gl_sl500_aa240_1 1Q84 BOOK1 村上春樹 新潮社 ¥1,890

BOOK1が手に入らなかったためBOOK2から読み始め、BOOK1へ。結末が分かっているだけにずいぶんとペースダウンしてしまった。当初は完全な情報管理で設定、ストーリーともにマスメディアに載らなかったものの、書評も載り始め、少しずつその姿が社会に晒され始めた。

いろいろな逸話が盛り込まれているが、400字詰め原稿用紙で1,984枚とのこと。ここまでやるのか。

・・・やはり小説は1ページめから読むものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »