« NHKスペシャル 日本海軍400時間の証言 第一回 開戦 海軍あって国家なし | トップページ | 100%夢を実現する方法 »

2009.08.09

クライマーズ・ハイ on 土曜プレミアム

Climers クライマーズ・ハイ on 土曜プレミアム

昨夜の放映。女子バレーボールの日韓戦の放映が延長され、20分遅れでの放映開始。こういった際に地デジ対応機器だと上手にフォローしてくれるようでありがたい。

主人公が所属する地方新聞社は荒んだ職場、という見方もあるかもしれないが、一方で視聴者の多くが自身の職場と重ねつつ鑑賞したのではないか、と感じた。それにしても、この社長(社主?)はないだろう、とも感じるが、オーナー企業ではあながち例外的なものではないのかもしれない、とも感じる。

記憶違いかもしれないが、ラストだけは原作と少々違っていたようで、少し違和感が残ったが、映画的にはこういった終わり方もいいのかもしれない。

次週は「硫黄島からの手紙」。まさに敗戦の日にふさわしい。

|

« NHKスペシャル 日本海軍400時間の証言 第一回 開戦 海軍あって国家なし | トップページ | 100%夢を実現する方法 »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

■TBS:番組で訂正放送と謝罪 サンジャポ問題で-マスコミに従事するものはすべからく「クライマーズ・ハイ」を参照せよ!!
こんにちは。TBS例の園児現場並ばせ事件の誤報をしたため、放送倫理委員会(BPO)から勧告を受けました。それに対応して訂正放送を謝罪をすることとなりました。何をいまさらという感じです。マスコミのこのような体質は20年以上も前にから続いており、私のブログでは有名大学の霊長類研究所の研究員も関わっていたマスコミの誤報に関してその誤報を暴いた人がたまたま、私の大学の恩師であったこともあり、その顛末を私のブログに掲載したことがあります。こうしたことが、発生する原因は、はっきりしています。いわゆる「Wチェック」(要するに二重のチェック)をすることを怠っているからです。このWチェックの重要性に関して、昨日たまたまテレビで見た映画「クライマーズ・ハイ」はかなり鮮明に表現されていたと思います。報道関係者は、すべからく、このW チェックを怠ってはならないと思います。ここに書いていると長くなってしまいますので、詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009.08.10 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/45882101

この記事へのトラックバック一覧です: クライマーズ・ハイ on 土曜プレミアム:

« NHKスペシャル 日本海軍400時間の証言 第一回 開戦 海軍あって国家なし | トップページ | 100%夢を実現する方法 »