« しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール | トップページ | 催眠誘導 »

2009.08.30

デキる人の脳

51r09vm9twl_sl500_aa240_1 デキる人の脳 ノア・セント・ジョン 本田直之(訳) 三笠書房 ¥1,400

地味な装丁だが、中身は二色刷りで平易な語り口だったこともあり、たいへん読み易かった。読み易いということは、すとんと腑に落ちやすいということに繋がることもあり、好印象を持った。最近のこの手の本にはよくあるパターンだが、章ごとに「まとめ」があり、そのシンプルさも好ましかった。

一方、アマゾンの書評は結構、手厳しい。世間の大勢と感覚的なズレがあるのかもしれないが、これまでの読書遍歴をふり返れば、個人的な琴線に触れた書籍は必ずしもベストセラーばかりでは無かったことから、ここは私自身の感性を信じることとしよう。

|

« しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール | トップページ | 催眠誘導 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/46072264

この記事へのトラックバック一覧です: デキる人の脳:

« しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール | トップページ | 催眠誘導 »