« ブラジル料理 ブラジリアーノ in 神戸ハーバーランド | トップページ | 月刊 Model Graphix 12/2009 »

2009.10.25

神戸ビエンナーレ 2009

261_2 神戸ビエンナーレ 2009

メリケンパーク会場へ。入場料1,200円。

期待して行ったのですが、左の作品のような「へぇ~」って感じるような作品にも巡り合えたものの、「気の利いた中学生ならこれくらい作るのんちゃうか」と感じさせるようなものが多かった。すなわち、ちょっとした着想を安易にコンテナ大に広げただけのものが目立ったように感じた。

さびれた地方のテーマパークの、さらに人気薄のうらぶれたパビリオン、イベントといった趣。あるいは、ちょっと偏差値高めの高校生の文化祭?これが国際的なアートってもんなんだろうか。

偉そうに言えば、私の模型コレクションを総動員してコンテナに並べただけでも、その並べ方、見せ方次第では、物語性やインパクトを十分に放つようにさえ感じる。・・・ってぐらいの、この程度か感アリアリだった。ひとことで言えば、「底が浅い」印象。

一方、作品そのものが放つインパクトと、その中に込められた意味合い、あるいはメッセージと言っても構わないかもしれないが、の何れにウェイトを置いて鑑賞するか、あるいは、技術的な側面、かけられた手間と時間へ思いが至るか否か、様々な見方ができるのは面白い。

休日のヒトコマに駆け足で臨むようなイベントでは無かったのかもしれない。

|

« ブラジル料理 ブラジリアーノ in 神戸ハーバーランド | トップページ | 月刊 Model Graphix 12/2009 »

「ニュース」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/46581219

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸ビエンナーレ 2009:

« ブラジル料理 ブラジリアーノ in 神戸ハーバーランド | トップページ | 月刊 Model Graphix 12/2009 »