« アトランティス・ミステリー | トップページ | 量子力学が語る世界像 »

2009.11.28

リアルファンタジア2012年以降の世界

41mtadhywil_sl500_aa240_1 リアルファンタジア2012年以降の世界 山川健一 アメーバブックス新社 ¥1,400

著者は坂本政道氏の高校時代の同級生。また、アメーバブックス新社の取締役編集長でもある。同社社長は藤田晋氏(サイバーエイジェント社社長)。同社は幻冬舎の子会社でもある。なんとも豪華な繋がり。

メルヘンチックな装丁だが、さすが編集長の手になるだけに、間口は広く敷居も低いが、ずんずんと深~く、そして幅広い中味に仕上がっている。素朴な味のようでいて、巧みな構成というのでしょうか。

折り目(気になるページ)の多い一冊となりました。

< from Amazon>

出版社/著者からの内容紹介

「あなたの死生観が決定的に変わる!!」
 2012年は、「生命が物質という暗いさなぎから解き放たれる瞬間」だ。マヤの暦はこの年の12月22日で終わっている。人類は今、急激な進化のただ中にある。爬虫類から鳥が誕生した時と同じようなことが、今の人類に起こっているのだ。
 著者は「ただの音にすぎないのに、ドラッグを超えている」というヘミシンクを体験する。その過程で死後の世界が存在することに確信を持ち、宇宙というものをリアルに感じることができるようになる。
 ガイドである妖精セリ、スパイダーマン、賢者ミネルバ、鎌倉時代の僧侶との対話の中から、読者は新しい世界にみちびかれていくだろう。

『死後体験』シリーズ著者
■坂本政道氏推薦!
 ヘミシンク体験を通じてのガイドのセリ達との交遊、おもしろくて一気に読んだ。同じ体外離脱体験からスタートした彼の言葉はいつでも刺激的です。

『生まれ変わりの村』著者
■森田健氏推薦!
 本書で描かれた死生観、「温かい故郷としての宇宙」という考え方に、非常にインスパイアされました。彼は100冊以上の本を書いていますが、本書がいちばん面白い!

 最新の宇宙論である「ゼロ・ポイント・フィールド」や「ホログラフィック・ユニバース」の話を用いながら、さらに素粒子の世界を紹介しながら、「死は無ではない」「温かな宇宙で生きることの意味」へ到達する精神的な旅の記録である。

 2012年は大切な契機である。
 今こそ、ぼくらは変わらなければならない。人間は知恵を持っている。ぼくら全員が「知覚の扉」を開く者であるはずだ。だとしたら、変化を起こすことは可能なはずだ。そして一つの小さな変化は、ゼロ・ポイント・フィールドを通じて、世界の全体へ、宇宙のすみずみにまで伝わっていくはずだ。
 誰も飢えることがない世界。
 医療を必要とするすべての人が医療を受けることができる世界。
 高齢者が疎外されない社会。
 きれいな空気を吸い、安全な水を飲むことができる毎日。
 この地球から収奪するのではなく、母なる地球と共生する暮らし。
                              (エピローグより)

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくらは孤独ではなく、死後は「無」ではない。妖精セリ、スパイダーマン、賢者ミネルバ、僧侶の教え。素粒子から最新の宇宙論まで丸わかり。

|

« アトランティス・ミステリー | トップページ | 量子力学が語る世界像 »

アセンション」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/46884189

この記事へのトラックバック一覧です: リアルファンタジア2012年以降の世界:

« アトランティス・ミステリー | トップページ | 量子力学が語る世界像 »