« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.30

不正会計

41vo2gfozcl_sl500_aa240_1 不正会計 杉田望 講談社文庫 ¥730

文庫書き下ろし。舞台は巨大監査法人。そしてその組織が崩壊する。もちろん、モデルは中央青山監査法人。兼高、東興キャピタルという粉飾決算の場も、誰にでも容易に推察がつく確信犯的な設定。

粉飾そのものでなく、監査法人内部の権力抗争、企業とマスコミの関係、さらには国際的な謀略といった切り口でドラマは展開する。

出張途上の車中でズンズンと読み進めることができるテンポの良さがある一方、上場企業の経理や監査法人、公認会計士にかかわりがある人なら、その多くが首を傾げるであろうと思われるような基本的な理解の欠如を窺わせる箇所がしばしば出てくる。筋運びは悪くないのだが、ディテールにリアリティが感じられないためにしらけてしまう。横山秀夫や、得意ジャンルは異なるが福井晴敏のような「神は細部に宿る」、細かい蘊蓄をさりげなく積み重ねていく感覚があれば、読み応えが出てくるのにと思うと少々勿体ない気がする。

著者の手になる「金融夜光虫」でも、「繰延べ税金資産」なる奇妙な表記が頻出した。顰蹙ものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.28

ゆだねるということ(上)

41qzq2bfsdl_bo2204203200_pisitbstic ゆだねるということ(上) ディーパック・チョプラ サンマーク文庫 ¥530

こころにストンと収まる語りが続く。「ひとつ」と「すべて」。わかりやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東宝特撮映画DVDコレクション 第5弾 「モスラ」

Issue_5_11 東宝特撮映画DVDコレクション 第5弾 「モスラ」

「ラドン」に続く「ゴジラ」以外の巨大怪獣シリーズ。幼虫の着ぐるみ、8人が入っての大型。単なるファンタジーでない大人向けの作品であることが素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神との友情(下)

41macq4nk1l_bo2204203200_pisitbstic 神との友情(下) ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク出版 ¥680

ひととき、ホームレスにまで転落してしまった著者が仲間に支えられ、盛り返していくプロセスなど感動的な「必然」が「神との対話」とともに語られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神との友情(上)

41sjda6vycl_bo2204203200_pisitbstic 神との友情(上) ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク出版 ¥700

「神との対話」三部作の続編。その後、著者と著者の周辺はいかに変化したか。そして「神」とのかかわりは?

<from Amazon>

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウォルシュ,ニール・ドナルド
非営利団体「神との対話財団」、世界規模の草の根運動「ヒューマニティ・チーム」の創設者

吉田 利子
埼玉県出身。東京教育大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

量子力学が語る世界像

21w2zv90hsl_sl500_aa140_1 量子力学が語る世界像 和田純夫 ブルーバックス ¥945

久方ぶりのブルーバックス。副題は「重なり合う複数の過去と未来」。マクロの世界とミクロの世界って経済学だけかと思っていたら、「この世」自体がマクロ・ミクロの両立世界だったなんて。おまけに80年以上前にこんなことがすでに分かっていたとは。いまだに19世紀のニュートンの機械的な世界観を教え込んでいる学校教育はどうなってんだ?

少々クラクラッとして、日常の見方が変わってしまった。

<from Amazon>

出版社/著者からの内容紹介

ミクロの世界とマクロの宇宙をつなぐ新しい考え方
量子力学を全宇宙にまで広げて考えることがはたして可能でしょうか? その場合、人間の意識でさえ原子や電子のふるまいの1つでしかないとすれば、まったく新しい世界像が現れてくると著者はうったえます。そこでは、まるでSFのような並行世界(パラレルワールド)が同時進行し、複数の過去や未来が重なり合ってくるのです。しかし、それでいて、私たちの人生は確かに一通りしかなく、突然別の世界に迷いこんでしまうこともありません。大胆な発想の転換によってこの摩訶不思議な世界を見事に説明する、新しい量子力学の考え方をわかりやすく解説します。

著者紹介

1949年千葉県生まれ。東京大学物理学科卒業。理学博士。文部省研究奨励員、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所研究員、ボローニャ大学国立原子物理学研究所研究員を経て、現在、東京大学教養学部専任講師。専門は素粒子物理学だが、最近は宇宙論を素粒子物理学的見地から研究。特に宇宙の誕生と量子力学との関連について考え、多くの啓蒙的な本、雑誌記事を書く。1986年から87年にかけては、ケンブリッジ大学のホーキング教授のグループで研究。著書に『ビッグバン以前の宇宙』(岩波書店)、『もっとわかる宇宙論』(日本実業出版)などがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアルファンタジア2012年以降の世界

41mtadhywil_sl500_aa240_1 リアルファンタジア2012年以降の世界 山川健一 アメーバブックス新社 ¥1,400

著者は坂本政道氏の高校時代の同級生。また、アメーバブックス新社の取締役編集長でもある。同社社長は藤田晋氏(サイバーエイジェント社社長)。同社は幻冬舎の子会社でもある。なんとも豪華な繋がり。

メルヘンチックな装丁だが、さすが編集長の手になるだけに、間口は広く敷居も低いが、ずんずんと深~く、そして幅広い中味に仕上がっている。素朴な味のようでいて、巧みな構成というのでしょうか。

折り目(気になるページ)の多い一冊となりました。

< from Amazon>

出版社/著者からの内容紹介

「あなたの死生観が決定的に変わる!!」
 2012年は、「生命が物質という暗いさなぎから解き放たれる瞬間」だ。マヤの暦はこの年の12月22日で終わっている。人類は今、急激な進化のただ中にある。爬虫類から鳥が誕生した時と同じようなことが、今の人類に起こっているのだ。
 著者は「ただの音にすぎないのに、ドラッグを超えている」というヘミシンクを体験する。その過程で死後の世界が存在することに確信を持ち、宇宙というものをリアルに感じることができるようになる。
 ガイドである妖精セリ、スパイダーマン、賢者ミネルバ、鎌倉時代の僧侶との対話の中から、読者は新しい世界にみちびかれていくだろう。

『死後体験』シリーズ著者
■坂本政道氏推薦!
 ヘミシンク体験を通じてのガイドのセリ達との交遊、おもしろくて一気に読んだ。同じ体外離脱体験からスタートした彼の言葉はいつでも刺激的です。

『生まれ変わりの村』著者
■森田健氏推薦!
 本書で描かれた死生観、「温かい故郷としての宇宙」という考え方に、非常にインスパイアされました。彼は100冊以上の本を書いていますが、本書がいちばん面白い!

 最新の宇宙論である「ゼロ・ポイント・フィールド」や「ホログラフィック・ユニバース」の話を用いながら、さらに素粒子の世界を紹介しながら、「死は無ではない」「温かな宇宙で生きることの意味」へ到達する精神的な旅の記録である。

 2012年は大切な契機である。
 今こそ、ぼくらは変わらなければならない。人間は知恵を持っている。ぼくら全員が「知覚の扉」を開く者であるはずだ。だとしたら、変化を起こすことは可能なはずだ。そして一つの小さな変化は、ゼロ・ポイント・フィールドを通じて、世界の全体へ、宇宙のすみずみにまで伝わっていくはずだ。
 誰も飢えることがない世界。
 医療を必要とするすべての人が医療を受けることができる世界。
 高齢者が疎外されない社会。
 きれいな空気を吸い、安全な水を飲むことができる毎日。
 この地球から収奪するのではなく、母なる地球と共生する暮らし。
                              (エピローグより)

内容(「BOOK」データベースより)

ぼくらは孤独ではなく、死後は「無」ではない。妖精セリ、スパイダーマン、賢者ミネルバ、僧侶の教え。素粒子から最新の宇宙論まで丸わかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.23

アトランティス・ミステリー

51d13njpisl_sl500_aa240_1 アトランティス・ミステリー 庄子大亮 PHP新書 ¥735

著者は西洋古代史を専門とする研究者。

「何とも不思議な話ではあるが、しかしそれでも全面的に真実の話」とある。プラトンの「対話編」の「ティマイオス」より。そして詳細な記述が続く「クリティアス」に記されているが、未完となった。

アトランティスを巡る諸説の紹介と検証が繰り広げられ、アトランティスは「虚構」であると結論づけられる。

途中、エドガー・ケイシーに触れる箇所もあるが、「私個人としては、どういうことがあってもケイシーのような人に頼ろうとは思いません。」とある。このように、”頼らない”理由は明らかにされてはいないが、単なる偏見でしかないように感じるが、そこは人それぞれ。・・・「お前は他の人と比べてずっと多くを知っている。そして人よりも、もっと深く理解している。他の人達に対して忍耐強くあれ。他の人はお前のようには知らないのだ。・・・」

「ティマイオス」、「クリティアス」。目を通してみたくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 E.YAZAWA ROCK

800_6001_2 映画 E.YAZAWA ROCK

初日、初回、西宮ガーデンの映画館で鑑賞。

永ちゃんの音楽や映像、出版物に触れると「元気がもらえる」と言う人が多いが、私もそう感じる。さらに言えば、「立ち止まらずに、やったらんかい」と言われているようにも、「楽しむのに罪悪感はいらんぞ」と言われているようにも感じる。

例によって「矢沢語録」満載だが、中学、高校で音楽、ビートルズと出会ったことを指して、「16歳ぐらいでスコーンとくるかどうかで人生決まっちゃうところあるよね」とサイパン島で語るシーンがある。私自身、16,7歳で現在の生業に就くことに決めただけに”シンクロ”を感じた。今の生業に対して本当に感謝せねばなるまい。はたして、それだけの献身をしているのか。

キャンペーンで「深イイ話」でも取り上げられていたが、”横浜アリーナ”の”I LOVE YOU, OK”のシーンでは涙を堪えることができなかった。はたして、私は30年来の永ちゃんのファンとして恥ずかしくない毎日を送っているのだろうか。

いずれDVDかBlue-Rayを買うことになるのだろうが、劇場へももう一度足を運びたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳に悪い7つの習慣

4119mknvcrl_sl500_aa240_1 脳に悪い7つの習慣 林成之 幻冬舎新書 ¥777

  1. 大脳皮質神経細胞
  2. A10神経群
  3. 前頭前野
  4. 自己報酬神経群
  5. 線条体-基底核-視床
  6. 海馬回・リンビック

  1. 生きたい
  2. 知りたい
  3. 仲間になりたい

  1. 「興味がない」と物事を避けることが多い
  2. 「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
  3. 言われたことをコツコツやる
  4. 常に効率を考えている
  5. やりたくないのに、我慢して勉強する
  6. スポーツや絵画などの趣味がない
  7. めったに人をほめない

| | コメント (0) | トラックバック (1)

神との対話 3

51wha1p8z6l_bo2204203200_pisitbstic 神との対話 3  ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク文庫 ¥890

著者は1,2巻目に続き、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏だが、本当の著者は「神」ということになる。最近、本を読む際に、気になったフレーズが記載されているページの肩を小さく折ることとしているのだが、これら3冊を読んでいる折には、ひっきりなしにこの作業を繰り返していたように感じる。大げさにいうわけではなく、新時代の「聖書」なのだろう。読めば、その意味するところは誰にでもわかる。

<Amazonより>

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙とは何か、そのなかの生命とは何か、生きるとは何か―著者と神との対話はいよいよ壮大なクライマックスにむかっていく。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウォルシュ,ニール・ドナルド
現在、妻のナンシーと、アメリカ・オレゴン州南部の森の多い静かな地域で暮らしている。人びとが自分自身に立ち返ることを目標に掲げた「ReCreation(再創造)」という組織を創立。講演を行ったり、ワークショップを開催するなど、『神との対話』にこめられたメッセージをおおぜいの人に伝え、理解してもらうための活動を続けている

吉田 利子
埼玉県出身。東京教育大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 2012

10072581 映画 2012

ローランド・エメリッヒ監督作品。もちろんマヤの長期年数計算法による最終日付に着想を得た作品。ディザスターものの決定版を目指したという。

この作品は単なるエンターテインメントだが、パンフを読んで驚いた。2012をめぐる映画、TV映像作品が10作品どころか、20作品ぐらいあるとのこと。"Knowing"以外にも、この"2012"並の予算の超大作が他にもあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自由をつくる自在に生きる

41h7gcaswal_sl500_aa240_1 自由をつくる自在に生きる 森博嗣 集英社新書 ¥714

「自由」、憧れとともに語られることの多いこの単語は、なんと意義深く、一方では罪深いのか。小難しく語らずとも、わかっているようで適当に使ってしまうことも多い。著者によれば、「思うがまま」ということとしているらしい。

どのような展開においても、決めつけることを避ける著者ではあるが、「組織」ことに「日本的な組織」には馴染めないタイプの人なのだろう。他者との関係性におけるウェットなものを、「ムダ」として、とことん排除するスタンスに見える。日本型というよりアメリカ型、中国型、田舎型ではなく、都市型、アナログではなくデジタル、電話よりメール、といったところか。みんなでワイワイに最大の価値、楽しみ、喜びを見出す多数派からは、対極に位置する。しかしながら、「協調」や「共感」の類まで、「支配」と言ってしまうのはいかがなものか。

そんな著者から見た「自由」。・・・批判的に読んだが、実は共鳴していたりして。だからこそ購入しているのだが。

<Amazonより>

内容紹介

思いどおりの人生の作り方とは?
歳をとっても遅くはない、若くても早過ぎない、混迷の時代を生き抜くために。
自由とは何だろうか。それは、単に義務がない状態のことではない。何でもしてよいと放り出された状況のことでもない。
自分の思いどおりになること──これが「自由」なのだ。当たり前に思えるかもしれないが、このことの深い意味を知る人は少ない。しかし、これに気づくことが、よりよい人生を生きるポイントなのである。
真の意味での自由を知り、自在に生きる。その秘訣について、人気作家がわかりやすく論じる。

内容(「BOOK」データベースより)

自由とは何だろうか。それは、単に義務がない状態のことではない。何でもしてよいと放り出された状況のことでもない。自分の思いどおりになること―これが「自由」なのだ。当たり前に思えるかもしれないが、このことの深い意味を知る人は少ない。しかし、これに気づくことが、人生をよりよく生きるポイントなのである。真の意味での自由を知り、自在に生きる。その秘訣について、人気作家がわかりやすく論じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「前世」からのメッセージ

514sy0y1efl_ss500_1 「前世」からのメッセージ ブライアン・L・ワイス PHP文庫 ¥800

著者はベテランの精神科医。当初はまったく相手にしていなかった前世、過去世あるいは未来世であったが、否定しようがない現実に直面した後、その現実を受け入れた。その後はお決まりの嘲笑と蔑視、ときに罵倒。原題は「Message from the Masters」

「ストレスとは、心がノーと言っているのに、口が勝手に開いてイエスと言っている時のことです」

「お前は他の人と比べてずっと多くを知っている。そして人よりも、もっと深く理解している他の人達に対して忍耐強くあれ。他の人はお前のようには知らないのだ。マスター達がお前を助けるために送られるだろう。お前が今行っていることは正しい・・・・・。そのまま続けるがよい。このエネルギーを無駄にしてはならぬ。恐れを捨てよ。そうすれば、それはお前の最大の武器になるだろう。」

<Amazonより>

輪廻転生、前世からの縁、催眠療法…。これらの言葉を聞いて、どんな感じを受けるだろう。強くそそられるか、拒絶反応を示すか、はっきりと分かれるところだ。本書は前者の人たちのために書かれた、心のセルフ・ヒーリングブックである。この世には、形のない大いなる力が存在すると信じられる人ならばおもしろく読めるだろう。

   ニューエイジ・カルチャーが確立しているアメリカでは、精神世界の研究や考察が進んでいる。怪しげなものから、宗教家や哲学者によるもの、心理学者や精神科医による臨床データを踏まえたものまで、玉石混合だ。著者のワイス博士は精神科医で、心理療法士として多くの患者と実践的に向き合っている。催眠療法によって過去生をさぐり、現在のトラウマの原因になったものを見つけて治療するという。著書の『前世療法』(原題『Many Lives, Many Masters』)、『前世療法2』(原題『Through Time into Healing』)、『魂の伴侶』(原題『Only Love Is Real』)などはいずれもベストセラーで、著名人のなかにも愛読者や患者は多い。ワイス博士への信望を公言している人のなかには、シルベスター・スタローン、グロリア・エステファンなどもいる。

   本書では数多くの臨床例を挙げ、肉体ではなく、人の魂(スピリチュアリティー)が持つパワーについて語る。母の胎内にいたときのことを克明に話す女性、絶滅した古代アラム語を話す双子の2歳児の話など、一瞬荒唐無稽にも思えるような、実際にあったエピソードが書かれている。巻末に付記された「重要な宗教に共通する価値観」「瞑想の実習」がおもしろい。疲れた心を一休みさせたいときは、この巻末だけでも十分だ。(齋藤聡海) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社/著者からの内容紹介

あなたの人生の目的は何? 輪廻転生の意味、愛の奇跡と癒しの力……ベストセラー『前世療法』の著者がやさしく語る、生きるヒント。

心に傷を受けた過去世の記憶を、退行催眠によって再体験することで病を癒した女性と、彼女を通じてもたらされた精霊たちのメッセージの記録――世界200万部のベストセラーとなった『前世療法』の著者であるワイス博士は、現代科学では説明できない前世の存在や精神世界への研究を深めてきた。そして前世療法の効果を紹介することによって、世界中の人々に勇気と希望を与えている。
本書は、「真の癒しとは、自分が愛の存在であり、すべてとつながっていることを知る以外にあり得ない。私達は輪廻転生をくり返しながら愛を学び、光へと向かっていく」と語る博士の、これまでの研究の集大成である。神秘的な世界や愛の力の奇跡によせる博士の深い理解にふれることで、人生に欠けているもの、生きる目的、自分の本質とは……などの問いへの答えが見つかるだろう。
あなたの人間観・人生観に、新しい変化と喜びをもたらすヒント満載の書。
『魂の療法』を改題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.16

死ぬときに後悔すること25

51awlioyaml_sl500_aa240_1 死ぬときに後悔すること25 大津秀一 致知出版社 ¥1,575

昨日の「エチカの鏡」で取り上げられた終末期医療に携わる若手医師の手になる書。実は、数週間前に立ち読みしたことがあったのだが、その折には少しは感動したもののレジに運ぶまでには至らなかった。その時点では他に関心を寄せている大きなテーマがあったことが主因だが。

で、冒頭のとおり、「観てから読む」パターンに。

インパクトのあるタイトルである一方、とても読みやすい文体でありながら、趣味のいい言い回しや漢語が多用されており、なんとなく教養書を読むようなこそばゆさも感じられる。一言でいえば、文章がうまい。ただし、技巧で読ませる本ではないことはおわかりでしょう。

<Amazonより>

内容紹介

ほとんどの人は死を前にすると後悔するという

では、人生の最期を前に、どのようなことに後悔するのか。
本書は、終末期医療の専門家である著者が、
1000人を越す患者たちの吐露した「やり残したこと」を25に集約して紹介。
儚くも、切ない思いが行間から滲み出てくるようで胸が締め付けられます。
例外なく、死はすべての人に訪れます。
だからこそ、1人でも多くの人に後悔の少ない人生を送ってほしい。
心の苦痛を訴える末期患者と、正面から向き合ってきた著者が
綴った切実なメッセージが心に響く1冊です。


死ぬときに後悔すること25

1たばこを止めなかったこと
2感情に振り回された一生を過ごしたこと
3遺産をどうするか決めなかったこと
4故郷に帰らなかったこと
5仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
6会いたい人に会っておかなかったこと
7結婚しなかったこと
・・・など

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大津 秀一
1976年生まれ。茨城県出身。岐阜大学医学部卒業。緩和医療医。日本消化器病学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本尊厳死協会リビングウイル(LW)受容協力医師、2006年度笹川医学医療研究財団ホスピス緩和ケアドクター養成コース修了。内科専門研修後、日本最年少のホスピス医(当時)として京都市左京区の日本バプテスト病院ホスピスに勤務したのち、平成20年5月より東京都世田谷区の松原アーバンクリニックに勤務し、入院・在宅(往診)双方でがん患者・非がん患者を問わない終末期医療の実践を行っている。現在多数の終末期患者の診療に携わる一方、著述・講演活動を通じて緩和医療や死生観の問題等について広く一般に問いかけを続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.15

神との対話2

51qnzsnra7l_bo2204203200_pisitbstic 神との対話2 ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク文庫 ¥790

三部作中の二作目。世界統一政府や10%一律課税、アメリカ合衆国を持ち上げるあたりなど、なんだかなぁ、という印象もあるが、全体には違和感なく通読できる。三作目に突入。

<Amazonより>

内容(「BOOK」データベースより)

第二の対話である本書では、一冊めで予言されたとおり、さらに大きな世界的なことがら、課題がとりあげられている。時間について、場(スペース)について、それから子供たちの教育について、政治について、世界平和についてなどである。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ウォルシュ,ニール・ドナルド
現在、妻のナンシーと、アメリカ・オレゴン州南部の森の多い静かな地域で暮らしている。人びとが自分自身に立ち返ることを目標に掲げた「ReCreation(再創造)」という組織を創立。講演を行ったり、ワークショップを開催するなど、『神との対話』にこめられたメッセージをおおぜいの人に伝え、理解してもらうための活動を続けている

吉田 利子
埼玉県出身。東京教育大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンス

51czn6qygl_ss500_1 チャンス 犬飼ターボ PHP文庫 ¥680

書名からは内容が窺えないだけに、ふざけた名前の著者だなぁ、といったところが第一印象でしょうか。冒頭も、ランボルギーニだとか、フェラーリなどといった単語が出てきて、嫌味な成り金話か、などとちょっと眉をひそめる。

が、すぐにそのような悪印象は払拭されることでしょう。決して丸ごとハッピーエンドとは言えないのですが、読後感はさわやかなものとなりました。

<Amazonより>

内容紹介

サラリーマンになるのはいやだ! と独立を志し、いろいろな事業を試みては、
失敗を繰り返す泉卓也(28)。ある日卓也は、フェラーリに乗った
成功者・弓池とホテルで偶然に知り合う。
なぜ自分は今までうまくいかなかったのか?どうすれば成功者の仲間入りができるのか?
人生で成功するということはどういうことなのか?
数々の試練を乗り越えながら、卓也自身が導き出した、その答えとは?
成功を収めた著者が、実体験をもとに描く感動のサクセス・ストーリー。

内容(「BOOK」データベースより)

サラリーマンになるのはいやだ!と独立を志し、いろいろな事業を試みては、失敗を繰り返す泉卓也(28)。ある日卓也は、フェラーリに乗った成功者・弓池とホテルで偶然に知り合う。なぜ自分は今までうまくいかなかったのか?どうすれば成功者の仲間入りができるのか?人生で成功するということはどういうことなのか?数々の試練を乗り越えながら、卓也自身が導き出した、その答えとは。

著者について

成功すれば幸せになれると信じ、24歳で中古車ブローカーとして起業するが失敗。
生活もままならない状態になり、ディスカウントストアのパートで日々をしのぐ。

2年後、人付き合いのコンプレックスを克服するために最も苦手なセールスに挑戦。
人の動かし方、組織の作り方を学びながら27歳のとき年間3000名が在席する
会社で全国1位を獲得。

翌年に再独立し、マーケティング会社を設立。順調に業績を伸ばしていく。
30歳で4つの店舗を持ち、9つの法人の役員を勤め、個人で経営する会社の売上が
1億円を超える。
障害児の自立支援と起業家を育成する二つのNPOを設立し社会貢献に取り組む。
さらに、「時間の自由」を手に入れるために業務を人に任せていき週休6日を実現する。

こうして世間で言われる成功(収入、地位、名誉、時間)を手に入れたものの
"完全に満たされた幸せ"は感じられなかった。

31歳のときに友人から紹介されたトラウマを解放するセラピーに衝撃を受け、
以来3年間で200個以上のメンタルブロックを解放。
その過程で成功と幸せは軸が違い、成功にステージがあるように幸せにもステージが
あることを発見。成功と幸せを両立させるハピサク(ハッピー&サクセスの略)という
生き方を確立する。

2005年には東京から八ヶ岳に移住。
毎年ハピサクを伝える成功小説を発表し、ベストセラーとなっている。
平行してハピサクレッスンやマジカルワンド等のセミナーを完成させ、
それらは公認トレーナーによって全国で開催されている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

犬飼 ターボ
ハピサク(ハッピー&サクセスの略)を伝える成功小説家。成功と幸せの両立を目指すハピサクを確立。2005年には東京から八ヶ岳に移住。毎年ハピサクを伝える成功小説を発表し、ベストセラーとなっている。平行してハピサクレッスンやマジカルワンド等のセミナーを生みだし、公認トレーナーによって全国で開催されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公務員大崩落

41cz1ig9ajl_sl500_aa240_1 公務員大崩落 中野雅至 朝日新書 ¥819

さまざまな立場の公務員を経験し、現在は兵庫県立大学で研究者として、また、教鞭をとる著者の手になる書。

視点を変えつつ問題点を洗い出していくが、その視点移動が細やかでいちいち頷くこととなる。公務員バッシングは鎮まることなく、社会不安が高まるにつれ、さらにボルテージが上がっているように感じるが、その根底には、著者も指摘するように、大衆のすさまじい怨嗟が公務員全員に向けられているように思える。民間企業に属する人たちにとって、それどころか、どんな組織にも属していない人たちが増えている現下、「安定」の象徴のように捉えられる公務員は、羨望を通り越して恨みの対象となるのだろう。

<Amazonより>

内容紹介

民主党政権の誕生で、明治以来の「官の支配」は大崩落する。キャリア官僚の権威は失墜し、タレント知事と地方分権で地方公務員・特殊法人職員は格差社会にのみ込まれる。全公務員必読の、好評『公務員クビ! 論』待望の第2弾!

内容(「BOOK」データベースより)

政権交代で、公務員改革が動き出した。天下りや税金の無駄遣いは根絶できるのか。キャリア官僚から独法、公益法人、第三セクター職員まで、900万人弱の「公務員」に襲いかかる過酷な運命とは。公務員を知り尽くし、霞ヶ関を震撼させた、『公務員クビ!論』著者による待望の第二弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中野 雅至
1964年奈良県生まれ。旧労働省入省。職業安定局、ミシガン大学大学院留学、新潟県庁課長、厚生労働省課長補佐などを経て、公募により兵庫県立大学院准教授。安倍内閣で「官民人材交流センターの制度設計に関する懇談会」委員を務め、公務員制度改革に深く関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月刊アーマーモデリング 2009/12

0146901221 月刊アーマーモデリング 2009/12

巻頭特集は「帝国陸軍・激闘名選」。おまけに付録に「ピットロード製1/35九ニ式重機関銃と歩兵3体セット」がつく。写真がそれ。また、松本零士さんのロング・インタビューが採録されている。「独立重機関銃隊」の主役が九ニ式ゆえの企画。ラストシーンとそこでのセリフは強烈なインパクトがあった。

さまざまな意見があろうが、皇軍に関する記録は日本国民として事実を知っておくべきと感じる。それゆえ、皇軍の特集の号は、他の号と比べて受け止め方が少々異なってしまう。言論の自由が保証された民主国家に生まれたことを感謝しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東宝特撮映画DVDコレクション 第4弾 「海底軍艦」

Issue_4_11_2 東宝特撮映画DVDコレクション 第4弾 「海底軍艦」

原作は押川春浪による大正時代の作品だが、現代の目で眺めても違和感なく楽しめる。兵器がタイトルに掲げられているのは、特撮映画では本作だけとのことだが、地球防衛軍、妖星ゴラスなどとともに、ゴジラ・シリーズ以外の初期の東宝特撮映画の傑作の1つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.08

範馬刃牙 20

7andy_072285331 範馬刃牙 20  秋田書店 ¥420

慣性というか惰性、網羅性を確保するための購入ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウト・オン・ア・リム

518qs7dperl_bo2204203200_pisitbstic アウト・オン・ア・リム シャーリー・マクレーン 角川文庫 ¥880

原書は1983年、邦訳も1986年に出版され、重版を重ねてきた書。著者は、アカデミー賞女優ゆえ、こういった精神世界の書を世に問うことは、芸能人人生を賭けた挑戦となった。「アウト・オン・アリム」とは、日本で言えば「虎穴に入らずんば虎児を得ず」といった意とのこと。

ガチガチの現実主義、合理主義者であった著者が、さまざまな体験、交流を通じて、精神世界に目覚める過程が私生活を交えて赤裸々に語られる。もちろん、このカミングアウトは大正解であった。ペルーでの神秘体験の描写は、素晴らしい映像が目に浮かぶごとき出来ばえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

和魂リーダーシップ

515ng9q8xql_bo2204203200_pisitbstic 和魂リーダーシップ 小阪田興一 ダイヤモンド社 ¥1,680

副題は「『鬼』となり『鬼』を育てる」。近時のグローバル主義を無批判に受け入れている日本企業への警鐘。『鬼』とは恐ろしいだけではないと説く。小鬼であることがよいこともあるとも説く。著者自身、若かりし頃は気が弱く「鬼」どころではなかったとのこと。少しほっとする。

・・・「掃除」は本当に大事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一個人 2009/12

51yaxlqsdnl_sl500_aa240_1_3  一個人 2009/12  K.K.ベストセラーズ ¥680

特集は西洋絵画。近所のパスタ専門店「Cino」にて家族で昼食を摂っていた折、料理待ちの間に何気なく手に取ったところ、充実した内容だったので購入。「いっこじん」と読むんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.07

映画 ソウルレッド

Soulred_movie1 映画 ソウルレッド

「生きているのはお前か俺か」・・・このコピー、とても効いていると感じる。ドキッとさせられ、自省した向きも多かろう。

松田優作の生誕60周年、没後20年を記しての作品。との触れ込みで鑑賞したが、優作自身が放つ”エネルギー”そのものではなかった。直接、間接に彼を知る関係者たちの証言と、出演作品のカットの積み重ねで構成されている。

優作が死が近づく床で、それまでさんざん馬鹿にしてきた(と噂されることのある)永ちゃんのCDを歌詞カードがしわくちゃになるまで聞いていた、と未亡人の松田美由紀さんが文藝春秋に記していたように記憶しているが、この両者は、たった1週間しか生年月日が離れていない。直接の接点は無いように思うが、はたして本当にそうだったのだろうか。

観客の層も、ハリウッド映画のそれや、通常の邦画のそれとは、相当に異質なものを感じた。少し不思議な映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(i) アイ

511uqchripl_ss500_1 (i) アイ  飯田譲治 学習研究社 ¥1,365

オビに「ほぼ実話です」とあるとおり、この小説の主人公「中村」の友人(i)-アイは、著者自身なのだろう。「小説」というスタイルでなければ受け入れられ難い環境が、わが国にはあるわけだろうが、あるいは著者にとっては、「小説」というスタイルこそが、最も有効に訴求するかたちであるとの判断があったのかもしれない。

青い人、赤い人・・・五色の人の話には、少し驚いたが、それを除けば、おおかたをすんなり受け入れられるようになった自分自身にも少し驚く。

<Amazonより>

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙人もUFOも幽霊も超能力もまったく信じていない男、中村幸一。ところが、運命の皮肉か、彼は突然会社を異動になり、不思議世界の特集ページを担当することになってしまった。いったいどうしてこのおれが―。そんな中村の前に現れる旧友、i。映画監督である彼のリアルな体験を元に奇妙な物語が展開されていく。中村は女子大生・真実と共に、不思議な世界へと踏み込んでいった…。『NIGHT HEAD』の鬼才・飯田譲治がリアルに体験した奇妙な世界を描く衝撃の最新小説。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

飯田 譲治
1986年、16ミリ作品『キクロプス』で監督デビュー。1989年、35ミリ作品『バトルヒーター』で脚本監督を務めた。1992~1993年、フジテレビ深夜連続ドラマ『NIGHT HEAD』で原作、脚本(21話中15話)、監督(4話)を担当。このドラマの大ヒットによって制作された劇場版の原作、脚本、監督を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
・・・・・ 『バトルヒーター』って「爆風スランプ」の面々が出ている人喰いコタツの話だったように思うが、奥貫薫のデビュー作でもあったような。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

進化する企業はここが違う

413fq5y6rcl_bo2204203200_pisitbstic 進化する企業はここが違う 小阪田興一 産経新聞出版 ¥1,575

企業規模、業種は様々ながら、人を大切にしながら、流行に流されない経営をしっかり実践してきた13の企業の事例が紹介されている。上場・非上場を問わず、浮ついたところが殆どない。経営者が時には迷い、大きな蹉跌を踏むこともあったであろう。それを乗り越え「伝統」としていった足跡。

グローバル化に浮足立ち、流されつつある日本企業と日本人ビジネスパーソンへの警鐘かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプル族の反乱

41idor7ogel_sl500_aa240_1 シンプル族の反乱 三浦展 K.K.ベストセラーズ  ¥780

「下流」で格差を斬った三浦展氏の新著。不完全な定量調査と批判されることの多い氏のアンケートであるが、それはあくまで学術的な視点からみた発想。生きたマーケットを相手にする実践者にとっては、そういった批判は馬耳東風といったところであろう。

若者、ことに男性が「草食系」などと揶揄気味に語られることがあるが、本書を一読すれば、そのような語りこそが、新人類世代以上の目から見た偏見であり、「肉食系」の生活スタイルであることこそが滑稽であることを感じるであろう。

地球に生きる小さな存在として、個々の人類を眺めた場合、「草食系」の若者たちの方が、30代後半の「オトナ」たちよりも賢明であり、成長、成熟していると思われてならない。単なるマーケット観測でない、文明論の基礎データを提示されているように感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトランティスの叡智

51d0grypz8l_bo2204203200_pisitbstic アトランティスの叡智 ゲイリー・ボーネル 徳間書店 ¥1,890

ストレートなスタイルの教科書。宗教書か哲学書の如く理屈が前面に出ているが、かといって読みづらいといった印象は残らなかった。エクササイズや食生活に係る手引もつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.03

映画 2012 予告編

Movie 2012 5分半。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドロリッチ

1721901 ドロリッチ

これ、うまい。CMも魅力的ですな。美女たちが押し合いへし合いしているのは、ドロリッチの容器の中のメタファー?彼女たち自身がドロリッチの中味なのか?ラストのアップはバーバラ(というモデルらしい)。

Img_dororich10_l1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙船 天空に満つる日

51nsxw15al_ss500_1 宇宙船 天空に満つる日  渡辺大起/山本耕一 5次元文庫 ¥620

まえがき、あとがきを除き、本書は1993年に発刊された書の復刻となる。とても、そんなことが信じられないような、まるでつい先週記されたのではないか、といった印象を受ける。というのも、アセンションの描写がゲーリー・ボーネルさんのそれに通じるものを多く感じるためである。

「エクアドルの儀式」など。

<Amazonより>

内容紹介

その日、その時、地球を覆うほどに膨大な数の宇宙船と空飛ぶ円盤が訪れる。宇宙人の目的は、地球攻撃ではなく、愛と真理を伝え、人類を救済することにあるとし、来たるべき進化への心がまえを説く。

内容(「BOOK」データベースより)

古い地球サラスの崩壊と消滅により、過去に人類が招いた一切のカルマの大噴出が起こる。最後の学びのこの時、人々はオリオン(物質化のインスピレーション)とルシファー(悪の力)の真の意味を知り、宇宙創造神の心に気づく!宇宙人が教える―アセンションのその日、その時に起こることのすべて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

渡辺 大起
日本で最も歴史あるUFOの研究団体「宇宙友好協会」の主要メンバーの一人。日本を代表するコンタクティであり、ワンダラーであった。2002年3月死去

山本 耕一
1949年京都市生まれ。1973年同志社大学文学部卒業。大学卒業後、画家、デザイナー(主に出版物のデザイン)。現在、愛知県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5次元体験の超衝撃

51a4zavatil_bo2204203200_pisitbstic 5次元体験の超衝撃 坂本政道×浅川嘉富 5次元文庫 ¥720

副題はフォーカス35。著名人同士による世紀の対談(なのか?)。

浅川氏が坂本氏にインタビューをする形で幕を開ける。浅川氏が持ちかけたような書きぶりの個所があるだけに、これは自然な流れなのだろう。

<Amazonより>

内容(「BOOK」データベースより)

アセンションとは?2012年とは?人類は5次元存在へと進化すべく運命づけられている!?―異次元超知性体による地球緊急サポートの詳細。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

坂本 政道
1954年生まれ。東京大学理学部物理学科卒、カナダ・トロント大学電子工学科修士課程修了。1977~87年、ソニー(株)にて半導体素子の開発に従事。1987~2000、米国カリフォルニア州にある光通信用半導体素子メーカーSDL社にて半導体レーザーの開発に従事。2000年、変性意識状態の研究に専心するために退社。2005年2月、アクアヴィジョン・アカデミーを設立

浅川 嘉富
地球・先史文明研究家。大手損害保険会社の重役職を投げうって、勇躍、世界のミステリースポットに向け、探求の旅に出る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.01

輪廻転生を信じると人生が変わる

5170aa2e9el_aa240_1 輪廻転生を信じると人生が変わる 山川紘矢 ダイヤモンド社 ¥1,365

著者は元大蔵省のエリート官僚。成績優秀な大蔵官僚がそうであったように、東大法学部在学時代に司法試験にも合格している。しかもかなりよい成績だったそう。今では無くなった慣習だが、20代で税務署長も経験したとのこと。

そんな華麗な経歴の方が、ごく自然な流れの中でスピリチュアルな世界への導き手となった経緯が披歴されている。

こういった背景故か、この手の書には珍しくダイヤモンド社といったメジャーな出版社から出されている。

書きぶり、内容ともに極めて平易。親しみやすい1冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若き友人たちへ

41k98pcxgdl_sl500_aa240_1 若き友人たちへ 筑紫哲也 集英社新書 ¥756

副題は「筑紫哲也ラスト・メッセージ」。

この書の成り立ちは、下記の引用した紹介文を参照していただくとして、自分をよくわかっていた人、自己を客観視できる、そして常に自己を中立化させる努力を傾けてきた人だったことがよく伝わってくる。まさに、「メディア」すなわち媒介者としてのジャーナリストたらん、とした存在だった。深い教養を持ちながら、その教養に頼ることなく、また、頼ることの危険性を意識した姿勢。無意識のうちに首都圏中心の思考に陥ることを避けるために、週末は日本中を飛び回っていたこと。年間、400本の映画を観ていたこと。

そして若者への優しい眼差し。

Amazonからの引用>

考えましょう。もっと幸せになっていいのです。 愛国主義は悪党の最後の隠れ家である。本書の中で筑紫さんが語る言葉の一つである。誰もが反対しづらい美辞麗句、思わず振り向いてしまう大きな声には注意が必要だ、という意味である。二〇〇三年から二〇〇八年にかけて、筑紫さんは早稲田大学と立命館大学で主に大学院生に向けた講座をもっていた。その中で再三伝えようとしたのは、情報や情緒に流されることなく自分の頭で考えることの素晴らしさであった。この一連の講義録をもとに、本書は構成された。「若き友人」を「日本人」と置き換えてもいい。筑紫哲也さんからの最後のメッセージである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1分間勉強法

41ihbgdatvl_bo2204203200_pisitbstic 1分間勉強法 石井貴士 中経出版 ¥1,470

1分間で本を読み、1秒間で1冊を復習。究極の加速学習ということのようだが、1分間読書はフォト・リーディングの簡略型といったところか。なんであれ、支持者がいるということは、それがすなわちある種の実績、実証に繋がるわけであり、ハナから否定すべきものではないと感じる。苦労して著者が編み出した必殺技なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »