« 死ぬときに後悔すること25 | トップページ | 自由をつくる自在に生きる »

2009.11.23

「前世」からのメッセージ

514sy0y1efl_ss500_1 「前世」からのメッセージ ブライアン・L・ワイス PHP文庫 ¥800

著者はベテランの精神科医。当初はまったく相手にしていなかった前世、過去世あるいは未来世であったが、否定しようがない現実に直面した後、その現実を受け入れた。その後はお決まりの嘲笑と蔑視、ときに罵倒。原題は「Message from the Masters」

「ストレスとは、心がノーと言っているのに、口が勝手に開いてイエスと言っている時のことです」

「お前は他の人と比べてずっと多くを知っている。そして人よりも、もっと深く理解している他の人達に対して忍耐強くあれ。他の人はお前のようには知らないのだ。マスター達がお前を助けるために送られるだろう。お前が今行っていることは正しい・・・・・。そのまま続けるがよい。このエネルギーを無駄にしてはならぬ。恐れを捨てよ。そうすれば、それはお前の最大の武器になるだろう。」

<Amazonより>

輪廻転生、前世からの縁、催眠療法…。これらの言葉を聞いて、どんな感じを受けるだろう。強くそそられるか、拒絶反応を示すか、はっきりと分かれるところだ。本書は前者の人たちのために書かれた、心のセルフ・ヒーリングブックである。この世には、形のない大いなる力が存在すると信じられる人ならばおもしろく読めるだろう。

   ニューエイジ・カルチャーが確立しているアメリカでは、精神世界の研究や考察が進んでいる。怪しげなものから、宗教家や哲学者によるもの、心理学者や精神科医による臨床データを踏まえたものまで、玉石混合だ。著者のワイス博士は精神科医で、心理療法士として多くの患者と実践的に向き合っている。催眠療法によって過去生をさぐり、現在のトラウマの原因になったものを見つけて治療するという。著書の『前世療法』(原題『Many Lives, Many Masters』)、『前世療法2』(原題『Through Time into Healing』)、『魂の伴侶』(原題『Only Love Is Real』)などはいずれもベストセラーで、著名人のなかにも愛読者や患者は多い。ワイス博士への信望を公言している人のなかには、シルベスター・スタローン、グロリア・エステファンなどもいる。

   本書では数多くの臨床例を挙げ、肉体ではなく、人の魂(スピリチュアリティー)が持つパワーについて語る。母の胎内にいたときのことを克明に話す女性、絶滅した古代アラム語を話す双子の2歳児の話など、一瞬荒唐無稽にも思えるような、実際にあったエピソードが書かれている。巻末に付記された「重要な宗教に共通する価値観」「瞑想の実習」がおもしろい。疲れた心を一休みさせたいときは、この巻末だけでも十分だ。(齋藤聡海) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社/著者からの内容紹介

あなたの人生の目的は何? 輪廻転生の意味、愛の奇跡と癒しの力……ベストセラー『前世療法』の著者がやさしく語る、生きるヒント。

心に傷を受けた過去世の記憶を、退行催眠によって再体験することで病を癒した女性と、彼女を通じてもたらされた精霊たちのメッセージの記録――世界200万部のベストセラーとなった『前世療法』の著者であるワイス博士は、現代科学では説明できない前世の存在や精神世界への研究を深めてきた。そして前世療法の効果を紹介することによって、世界中の人々に勇気と希望を与えている。
本書は、「真の癒しとは、自分が愛の存在であり、すべてとつながっていることを知る以外にあり得ない。私達は輪廻転生をくり返しながら愛を学び、光へと向かっていく」と語る博士の、これまでの研究の集大成である。神秘的な世界や愛の力の奇跡によせる博士の深い理解にふれることで、人生に欠けているもの、生きる目的、自分の本質とは……などの問いへの答えが見つかるだろう。
あなたの人間観・人生観に、新しい変化と喜びをもたらすヒント満載の書。
『魂の療法』を改題。

|

« 死ぬときに後悔すること25 | トップページ | 自由をつくる自在に生きる »

アセンション」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/46841798

この記事へのトラックバック一覧です: 「前世」からのメッセージ:

« 死ぬときに後悔すること25 | トップページ | 自由をつくる自在に生きる »