« 体外離脱するサラリーマン | トップページ | フィッシュストーリー »

2010.01.17

神戸新聞の7日間

Kobe_title1 神戸新聞の7日間

昨夜、食い入るように見た。録画もした。ブルーレイに残しておこう。被災者にとっては涙なくしては見れたものではない。桜井クンが関西弁じゃないなんてことは、この際、瑣末なこと。原作は100日間。

Kobe_photo1

|

« 体外離脱するサラリーマン | トップページ | フィッシュストーリー »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

>桜井クンが関西弁じゃない

イメージ低下を恐れたジャニーズ事務所の意向だったり・・・?

投稿: Mizo | 2010.01.17 21:32

へたな関西弁を延々聞かされるより、素に近いスタンスで臨んでもらう方がよいのかもしれませんね。

投稿: 凡太郎 | 2010.01.17 22:02

■皇太子殿下が賜られたお言葉要旨 震災15年追悼式典-追悼15周年の番組をみていて考えたこと

こんにちは。昨日は、震災15年追悼式典が行われました。震災でなくなられた方々の、ご冥福をお祈りさせていただきます。昨日は皇太子殿下が賜った有難いお言葉などを頭の中で反芻しながら、いくつかの追悼番組を見ていました。いくつかの番組をみて、私としては一番感動したのが一昨日放映された「神戸新聞の7日間」でした。これを見て、地方新聞の重要さを改めて再認識されました。最近、アメリカでは地方新聞が次々と廃業しています。日本もすぐにとはならなくても、廃業に追い込まれるところも出てくると思います。地方新聞の存続は難しいですが、何か方法を考え、市民も参加すればできないことはないと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010.01.18 10:48

yutakarlsonさん、こんばんは。
とても丁寧な書き込みをいただきありがとうございます。
ブログを拝見しました。おっしゃるとおり内外を問わず、新聞社やテレビ局など既存メディアは環境の変化に対応できずに苦戦しているように感じます。一方、メディアが巨大化するとチェックアンドバランスを欠いた巨大権力になり果てるとも思います。そのような視点からも、草の根的な地域に目指した健全なメディアが生まれ育つ社会になれば素晴らしいことであろうと感じます。

投稿: 凡太郎 | 2010.01.20 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/47320600

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新聞の7日間:

« 体外離脱するサラリーマン | トップページ | フィッシュストーリー »