« NHK 君たちに明日はない | トップページ | 宿命 1969-2010 第1回 »

2010.01.17

終末のフール

41db2bfj6efl_sl500_aa240_1 終末のフール 伊坂幸太郎 集英社文庫 ¥660

フィッシュストーリーに続いて読む。60万部突破というから、ずいぶんなヒット。こういった設定の場合、ふた昔(20年ほど前)ころまでであれば、確実にSFにジャンル分けされていただろう。いつのころからSFが死語に近づいてしまったのだろうか。

<Amazonより>八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

|

« NHK 君たちに明日はない | トップページ | 宿命 1969-2010 第1回 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/47321052

この記事へのトラックバック一覧です: 終末のフール:

« NHK 君たちに明日はない | トップページ | 宿命 1969-2010 第1回 »