« 公務員の人材流動化がこの国を劇的に変える | トップページ | 田原式つい本音を話してしまう技術 »

2010.03.06

自分は評価されていないと思ったら読む本

41spvnumwrl_sl500_aa240_1

自分は評価されていないと思ったら読む本 小笹芳央 幻冬舎 ¥1,000

あなたは評価されていると思いますか?職場で堂々とこの本を見ることができる人は、評価されていると自信をもっているか、あるいは単なる自惚れ屋のいずれかでしょう。職場から離れた書店やネット書店でこっそりと購入して、就寝前にこっそり読むなんて人が多いのかもしれません。わたしは自惚れ屋ではないと自認していますが、職場近くの書店で購入し、家路の車中で読了。実は、書名と中味はそれほど相関関係が深いわけではなく、自ら「モチベーション」を上げるための「視点の変換」が散りばめられたヒント集といった趣きです。

世間の9割の人が「自分は評価されていない」と感じているとか。あなただけではないのです。

最後まで残った疑問。表紙のコイツは人なのか、イルカなのか。白いから揚子江カワイルカなんだろうか?

|

« 公務員の人材流動化がこの国を劇的に変える | トップページ | 田原式つい本音を話してしまう技術 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/47743074

この記事へのトラックバック一覧です: 自分は評価されていないと思ったら読む本:

« 公務員の人材流動化がこの国を劇的に変える | トップページ | 田原式つい本音を話してしまう技術 »