« WATARASE わたらせ | トップページ | 「SF幼年期と神戸」@神戸文学館 »

2010.05.02

世界一わかりやすい「速読」の教科書

511s1rxetul_ss500_1

世界一わかりやすい「速読」の教科書 斉藤英治 三笠書房 ¥1,470

世界一「わかりやすい」というよりも、「やさしい」、「かんたん」あるいは「安(易)い」というべきでしょうか。内容は、きこ書房などで取り上げている「速聴」と、フォトリーディングを簡便にしたようなものですが、「簡便」→「実際的」と読み替えることもできるように感じます。すなわち、安いからこそ、お手軽だからこそ、長続きするという図式がここには存するのです。

1週間でひととおりのトレーニングは完了することとなっており、目下、4日目を終了。3倍速、4倍速そして10倍速のCDが付されていますが、最初から3倍速は遅く感じたので、10倍速をベンチマークしています。

|

« WATARASE わたらせ | トップページ | 「SF幼年期と神戸」@神戸文学館 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/48246410

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一わかりやすい「速読」の教科書:

« WATARASE わたらせ | トップページ | 「SF幼年期と神戸」@神戸文学館 »