« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | マンガでわかる 会社組織が甦る! 職場系心理学 »

2010.06.27

霧にむせぶ明石海峡大橋

Bridge_01

今夏、何度目かの大蔵海岸。

昨日は大学での講義を終えたのち、中学の同窓会の公式行事に顔を出し、明石模型クラブの新入会員歓迎会で大盛り上がり。明石グリーンヒルホテルのビアホール(普段は駐車場のはずの場所が・・・。)にいつもの例会のほぼ倍の数のテーブルを用意してもらって開始。呑み始めはあいにくの豪雨が気になっていたものの、酔いが回るといつもの調子に。振りむけば、ほかのテーブルは撤去済み・・・。その後もガストで語りなおし。

写真は、少し遅めに起きだしてから、大蔵海岸へ昼寝(というより朝寝(二度寝))に向かった折に撮った少し珍しい光景。霧というよりも雲が低く降りてきて橋脚先端部にかかったというところでしょうか。東南アジアでスコールが起きる直前に見られるような印象でした。いよいよ、日本も温帯から亜熱帯へ移行か?

もう1枚は先週撮った新長田の鉄人28号。夕闇に登場!哲人?

Ironman_28_01

|

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | マンガでわかる 会社組織が甦る! 職場系心理学 »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/48738229

この記事へのトラックバック一覧です: 霧にむせぶ明石海峡大橋:

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | マンガでわかる 会社組織が甦る! 職場系心理学 »