« TWIST 矢沢永吉 | トップページ | 天国はここにあり »

2010.06.14

はやぶさの帰還と最期

Hayabusa 

はやぶさの帰還と最期

もはや涙なくしては語ることも聴くこともできまい。万物に魂が宿るとする古来からの日本人の感性と、自らを虚しゅうして願を成就する最期。そしてその最期の光跡もまた、神々しく尊いものであった。

Google_hayabusa

もはやカプセルの中味の有無さえ、多くのひとにとっては関係なくなってしまうほど万人に感動を与えてくれた。・・・さすがにプロジェクト関係者や研究者にとっては、中華鍋の中味がどうでもいいとは言えまいか。

|

« TWIST 矢沢永吉 | トップページ | 天国はここにあり »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鉄球を射出して採取出来なかったんですね・・・。
何らかの鉱物を採取出来ていれば良いですね!
素人考えなんですが、あの大気圏突入時の高温で鉱物がガラス化してしまっていないか心配ですww

投稿: ザッティー | 2010.06.18 10:14

1mm以上のモノは収納されていなかったようですね。一度目は失敗したとはいえ、2度も接地したわけですから、後は祈るだけです。

投稿: 凡太郎 | 2010.06.19 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/48623792

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさの帰還と最期:

« TWIST 矢沢永吉 | トップページ | 天国はここにあり »