« 明石プラモデル甲子園、おつかれさまでした。 | トップページ | 宇宙のセオリー »

2010.07.19

老子

51lrllzeirl_sl500_aa300_1  老子 蜂屋邦夫 岩波文庫 ¥945

読めば読むほど奥が深く、広く、そしてよく分からなくなってしまう。いまだに日本では多くの人が老子を誤解しているのではないだろうか、と感じるが、表現は平易だが、その意味するものが論語などと比して難解なところに、ひとつの原因があるように思う。

|

« 明石プラモデル甲子園、おつかれさまでした。 | トップページ | 宇宙のセオリー »

アセンション」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/48920059

この記事へのトラックバック一覧です: 老子:

« 明石プラモデル甲子園、おつかれさまでした。 | トップページ | 宇宙のセオリー »