« 人は死んだらどこに行くのか | トップページ | 明石プラモデル甲子園、おつかれさまでした。 »

2010.07.12

日本の「復元力」

41beff7mbhl_bo2204203200_pisitbstic

日本の「復元力」 中谷巌 ダイヤモンド社 ¥1,680

副題は、「歴史を学ぶことは未来をつくること」。懺悔の書とまで言われることとなった前著「資本主義はなぜ自壊したのか」の続編に当たる。

多くの人がある程度の年齢に至ると歴史に関心を向けると言う。司馬遼太郎作品に傾倒する人が多いように感じるが、中谷さんはまさに功なり名を遂げた後に、歴史に向かったということだろうか。

なにはともあれ、歴史を通じて日本、そして日本人を見つめること、これこそがグローバル時代における歴史認識なのでしょう。

「気概」・・・これを忘れかけている自分自身に気づかせてくれた1冊でした。

|

« 人は死んだらどこに行くのか | トップページ | 明石プラモデル甲子園、おつかれさまでした。 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/48856214

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「復元力」:

« 人は死んだらどこに行くのか | トップページ | 明石プラモデル甲子園、おつかれさまでした。 »