« 文藝春秋 2010/10 | トップページ | 臨死体験 (上) »

2010.09.11

ホリデーオート 2010/10

Holidayauto1010_cs1

ホリデーオート 2010/10

テスラ・ロードスター、エコカー補助金の財源枯渇を尻目に、EV補助金300万円。それでも1千万円必要。見た目はベースカーのエリーゼそのまんまということらしいが、中味がスーパーEVとは夢のあるハナシです。

もうひとつ魅かれた記事。それは、軽四のキャンピングカー2車種を取り上げたもの。子育てを終えた夫婦2人向けといった趣きだが、小回りが効くことが求められるような場所で、のんびりと走るには軽の方が向いているのかもしれない。

|

« 文藝春秋 2010/10 | トップページ | 臨死体験 (上) »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

税金を使って、エコカーに買い換えさせて廃車という巨大なごみを多数出したことは、地球環境にとって悪かったと思う。
資源の浪費にもなったと思う。あと数年すればもっとエコな車が出現するかも知れない。
経済対策なら企業減税などの成長戦略が必要であるが、社会主義バラマキ民主党には期待できない。
CO2削減のためなら、高速道路無料化の廃止及び自家用車から公共交通機関へのモーダルシフトこそが必要と思われる。

投稿: 左巻き菅 | 2010.09.12 12:25

左巻き菅さん、こんにちは。
庶民にとってはありがたいものでしたが、エコカー補助金はドイツでの景気刺激効果に影響を受けた場当たり的なものでしたね。
そもそも地球が温暖化しているかどうかも十分に分かっていないうえに、CO2と地球温暖化の因果関係も疑わしいにもかかわらず、国際的な政治上の思惑でずんずんとものごとが進んでいく昨今、自ら考え、行動することが大切なのでしょうね。

投稿: 凡太郎 | 2010.09.12 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/49419916

この記事へのトラックバック一覧です: ホリデーオート 2010/10:

« 文藝春秋 2010/10 | トップページ | 臨死体験 (上) »