« ビタミンウォーター XXX | トップページ | 戦車ダイオラマの作り方 »

2010.09.11

人生が変わる哲学の教室

51zb24cz6il_bo2204203200_pisitbstic

人生が変わる哲学の教室 小川仁志 中経出版 ¥1,680

13人の著名な哲学者+著者による14回のコミカルな哲学講座。リアル書店の店頭で、東京ドーム地下闘技場形式での哲学入門書(いわゆるバキの哲学書)と比較して、フィーリングで本書を選択。

著者は京大卒業後、伊藤忠に奉職するも、人権派弁護士になるべく退社。夢破れてフリーターとなった後、名古屋市役所に入り、在野の哲学者としての実践を重ねているという。

久我伝高校という架空の高校に毎深夜に歴史上の哲学者が現れ、日本語でわかりやすい講義を行うという設定でのライトな構成。ちなみに高校名は逆から読めば、てつがく、となる。

この書を読んで人生が変わるわけではなかろうが、気が軽くなる人はいるかもしれない。60年代以前の大学生であれば、当たり前に身につけていたであろう基礎的な教養をお手軽にさらいたい向きにも手ごろなのかもしれない。

編集者にひとつ苦言を呈するなら、「人生が変わる(ことがあるかもしれない)”西洋”哲学の教室」といったタイトルの方がふさわしかったように感じる。現代においては、西洋哲学よりも、古典的な東洋思想の方が示唆に富んでいるように感じる。

|

« ビタミンウォーター XXX | トップページ | 戦車ダイオラマの作り方 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

It's great that people can get the business loans moreover, it opens up completely new chances.

投稿: CassieWatts | 2012.03.06 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/49418699

この記事へのトラックバック一覧です: 人生が変わる哲学の教室:

« ビタミンウォーター XXX | トップページ | 戦車ダイオラマの作り方 »