« デフレの正体 | トップページ | ガンダムと日本人 »

2010.11.21

アーマモデリング 八九式中戦車 今日はここまで その1

89_wip_04_mini

アーマモデリング 八九式中戦車

先月号から3月連続でのマガジンキットとして付いてきている1/35。同縮尺の模型は、かつてグムカからレジンキットが出ていたが、なんとなく敷居が高く感じてしまっていた。

アーマモデリングでは、グムカの作例が記事として載ってからインターバルも無かったことから、まさかとは思ったけれど、タミヤからBT-7が出たタイミングでのこの企画、感涙モノです。

現在は先月号に付いてきたパーツを組んだところまでですが、今月号で砲塔回りが手に入ったので、引き続きぼちぼちやっていきたいところです。ファインモールドから出ているアルミ挽きものの砲身、マフラーカバー等のエッチングパーツと、モデルカステンの稼働キャタピラとともに。私は別々に手に入れましたが、これらのアフターパーツはセットで売り出されているようです。

3冊目の発売が12月13日なので、明石模型クラブの第2回展示会(12月18,19日)には、間に合いそうにありませんが、楽しみながら完成を目指します。・・・実は欲張って3冊ずつ購入しております。

下は、なんとかモデルカステンのキャタピラの箱に押し込めることができました、の図。

89_wip_02_mini

|

« デフレの正体 | トップページ | ガンダムと日本人 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/50095663

この記事へのトラックバック一覧です: アーマモデリング 八九式中戦車 今日はここまで その1:

« デフレの正体 | トップページ | ガンダムと日本人 »