« ザ・マスター・キー | トップページ | TAMIYA Battle System IV-J 1/35 今日はここまで その2 »

2011.04.24

悟り系で行こう

51w0fxuhfdl_sl500_aa300_1

悟り系で行こう 那智タケシ 明窓出版 ¥1,470

副題は「「私」が終わる時、「世界」が現れる」。カバーイラストはいかにもオタクっぽい。「どくそせん」なんかと通ずるものがあるのかもしれない。このイラストには少々抵抗があって、手に取りづらかったが。

ただ、内容はイラストとは殆ど関係なく、クリシュナムルティに深く影響を受けているとはいえ、著者独自の体験、視点、解釈で展開されていく。

クリシュナムルティに傾倒している著者だけに、反発したくなる箇所はずいぶんと出てくるし、また、あまり寛容的でなく、断定的な書きぶりには閉口する。それでも興味深く読めたのは、本書のより根源的なトーンに真実の匂いを感じるためであろうか。自費出版にも近い形で世に出たようだが、こういった書が日の目を見ることこそ、時代性を映しているのかもしれない。

鳥居みゆき、桜井章一の下りも秀逸。

|

« ザ・マスター・キー | トップページ | TAMIYA Battle System IV-J 1/35 今日はここまで その2 »

アセンション」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/51486315

この記事へのトラックバック一覧です: 悟り系で行こう:

« ザ・マスター・キー | トップページ | TAMIYA Battle System IV-J 1/35 今日はここまで その2 »