« 人類よ立ち上がれ! ムーンマトリックス[覚醒編7] | トップページ | サムスン式 仕事の流儀 »

2012.01.29

ホワイトホール・イン・タイム

51mdiokptl_sl500_aa300_1

ホワイトホール・イン・タイム 地湧社 ピーター・ラッセル ¥2,310

訳者は山川夫妻。30冊の本に上がっていたことから購読しました。副題は、進化の意味と人間の未来です。P367ある大分な書ですが、そのぶん丁寧な説明が多く、いわゆる腹(胸?)にストンと落ちる説明ばかりでした。自然科学、心理学のバックグラウンドを持つ著者だけに、スピリチュアルな面での説明とのブリッジに飛躍した印象がみられないところも安心感に繋がります。たとえば、よく聞く「月は見ている者がいてこそ存在する」といった理屈の説明を、水素が組成され、核融合後にヘリウムが・・・、といった流れで滔々と説明を重ねてパラレルワールドと観察者の関係に及ぶ下り(・・・この説明ではなんのことかわからないでしょうが。)は感動的ですらありました。

まさに名著だと感じます。

|

« 人類よ立ち上がれ! ムーンマトリックス[覚醒編7] | トップページ | サムスン式 仕事の流儀 »

アセンション」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/53853900

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトホール・イン・タイム:

« 人類よ立ち上がれ! ムーンマトリックス[覚醒編7] | トップページ | サムスン式 仕事の流儀 »